2018年02月19日

プライベートレッスンだからこその英会話レッスン

弊社の英会話レッスンですが、マンツーマンのためどの様なレッスンでも出来るだけ生徒様に合った内容にして行きたいと思ってますのでご要望がありましたらどんどんお伝え下さい♪


ホームページに掲載されています内容以外のレッスンでもご要望がありましたら出来る範囲でお力になりたいと思っております・・!


今までのご要望でありました例をあげますと・・英会話レッスンに備えるためのレッスン(会社で日本語禁止のネイティブによる英会話レッスンを受講しないと行けないのだが何を言ってるのかチンプンカンプンで自分の伝えてる英語も自信が無くチェックして欲しいとのご要望)、英語の入ってる歌を作りたいけれども英語が分からないので英訳して欲しい、ブログを書いているのだけれど英語圏の人達からも見て貰いたいので英語訳を手伝った欲しい、イギリス人の婚約者の両親に今度会うので早急にイギリス英語とアメリカ英語の違いが知りたい・・等々がありました。


完全プライベートレッスンだからこそ出来る貴方のためのレッスンになります^^


posted by 島ちゃん at 22:38| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

マドンナのスピーチの和訳A



マドンナのスピーチの訳の第二弾です!


“Be what men want you to be. But more importantly, be what women feel comfortable with you being around other men. And finally, do not age. Because to age is a sin. You will be criticized, you will be vilified, and you will definitely not be played on the radio.”
「男性がして欲しい人でありなさい。でももっと大事なのは貴方が他の男性と一緒にいるのを女性が心地良く思える人でいる事なの。そして、歳をとっては行けないの。それは年齢を重ねる事は罪でありバカにされるから。メディアに色々書かれて間違い無くラジオからも消されるのよ。


“When I first became famous, there were nude photos of me in Penthouse and Playboy magazine. Photos that were taken from art schools that I posed for back in the day to make money. They weren’t very sexy.”
「私が始めて有名になった時、ペントハウスとプレイボーイ誌に私のヌードが掲載されたの。お金を稼がなくては行けなくて美術学校でヌードのモデルの仕事をした時の物であまり色気は無い物でした。」


“Eventually I was left alone because I married Sean Penn, and not only would he would bust a cap in your ass, but I was off the market. For a while I was not considered a threat. Years later, divorced and single − sorry Sean − I made my Erotica album and my Sex book was released. I remember being the headline of every newspaper and magazine. Everything I read about myself was damning. I was called a whore and a witch. One headline compared me to Satan. I said, ‘Wait a minute, isn’t Prince running around with fishnets and high heels and lipstick with his butt hanging out?’ Yes, he was. But he was a man.
「そしてね、ショーン・ペンと結婚したから私はようやくメディアから解放されたの。彼も大変だったけど既婚者となりしばらく注目されなくなったけど数年後に離婚して独身に戻りました。ショーン、ごめんね!(ネタにして)私はエロティカのアルバムを作りセックスブックは出版されてどの新聞・雑誌の一面に掲載されたのをよく覚えています。どれを読んでもダメ出しで私は娼婦か魔女として書かれていてある題目は私を悪魔と比較してました。私は(ちょっと待ってよ、Princeは網タイツとハイヒールと口紅で着飾っていてお尻を突き出していない?)と言いましたがその通りなのです。ただ、彼は男性なのです。


“This was the first time I truly understood women do not have the same freedom as men.
「この時に、私は本当に理解しました。女性には男性と同じ自由は無いのです。」


“People say I’m controversial. But I think the most controversial thing I have ever done is to stick around.
「人は私の事を悪影響を与える支配者と言います。でも私が一番した支配的な事はこだわる事位と思います。」


[Crowd applause]
拍手


“Michael is gone. Tupac is gone. Prince is gone. Whitney is gone. Amy Winehouse is gone. David Bowie is gone. [pause] But I’m still standing.”
「マイケル、タパック、プリンス、ウィット二―、アミ―・ワインハウス、デビッド・ボウイは亡くなりました。でも私は今ここで立っています。」


[Crowd applause]
拍手


“I’m one of the lucky ones and every day I count my blessings.
「私は幸運人の一人で毎日神に感謝してます。」


“What I would like to say to all women here today is this: Women have been so oppressed for so long they believe what men have to say about them. They believe they have to back a man to get the job done. And there are some very good men worth backing, but not because they’re men − because they’re worthy. As women, we have to start appreciating our own worth and each other’s worth. Seek out strong women to befriend, to align yourself with, to learn from, to collaborate with, to be inspired by, to support, and enlightened by.”
「私が今日ここにいる全ての女性に言いたいのはこれなの。女性はあまりにも長く洗脳されて来たから男性の言っている事を全て丸飲みしてしまうの。女性は仕事を充実させるために男性を立てないと行けないと思い、確かにその価値がある人はいるわ。でもその人達は男性だからでは無くその価値がある人だからなの。女性として私達はこれからお互いに認めて感謝して強い女性と友情を結び自分を高めて学び、協力して、刺激を受けて助け合い、互いに上昇しなくて行けないの」


“It’s not so much about receiving this award as it is having this opportunity to stand before you and say thank you. Not only to the people who have loved and supported me along the way, you have no idea…you have no idea how much your support means.”
「この賞を頂いてこの様な事しか話せなく貴方達の前で感謝の言葉しか言えないのは本当に申し訳無い気持ちです。私を支えてくれた人達はもちろんですが・・皆さまの支えがどれだけ私の助けになったのかは想像出来ないかと思います。」


[Starts tearing up.]
涙が流れる


“But to the doubters and naysayers and everyone who gave me hell and said I could not, that I would not or I must not − your resistance made me stronger, made me push harder, made me the fighter that I am today. It made me the woman that I am today.
「でも懐疑的・否定的・地獄を見させた人達・・貴方達は私を強くして頑張りを与えて今の私と言う健闘家w作りました。今の私と言う女性です。」

“So thank you.”
「本当にありがとう」
posted by 島ちゃん at 18:26| Comment(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

マドンナのスピーチの和訳@



[Anderson Cooper introduced Madonna and thanked her for giving him faith during his years as a gay teenager. Madonna accepts, adjusting microphone stand between her legs.]
アンダーソン・クーパーはマドンナを紹介して同性愛者支援者として感謝しました。マドンナは受け入れてマイクのスタンドを足の間に置きました。

“I always feel better with something hard between my legs.”
「私は足の間に何か硬い物があると心地良いの」

[Crowd laughs.]
爆笑

“I stand before you as a doormat. Oh, I mean, as a female entertainer. Thank you for acknowledging my ability to continue my career for 34 years in the face of blatant sexism and misogyny and constant bullying and relentless abuse.
「私は貴方たちの前で敬意を示してとして立っています。あ、女性のエンターテイナーとしてね。34年間、お行儀の悪い、嫌われている性のシンボル、いつも支配的で冷酷ないじめ役としてのキャリアを認めてくれてありがとうございます。


“It’s mind-blowing to be honored like this after the very public year I’ve had. I feel stuck, and I feel sad. And quite frankly, today I feel bloated.
「色々とありました年の後にこの様な賞を頂けるのはとても驚きで私は行き詰って悲しいと言う感情があります。本当の事を言うと本日は気分が悪いです。」

[Crowd laughs]
爆笑


“I didn’t really feel like standing up and getting an award − I didn’t feel worthy of that. But I knew I had to drag myself out of my bed, put on my boots and walk up here and say thank you to you guys.”
「私は立ち上がって表彰されるなんて思いませんでした。その価値があるとな思いませんでした。でも布団から出てブーツを履きここまで歩き皆さまに感謝を伝えないといけないと思いました。」


“I started off in a difficult time. People were dying of AIDS everywhere. It wasn’t safe to be gay, it wasn’t cool to be associated with the gay community. It was 1979 and New York was a very scary place.
「私が活動を始めたのは大変な時期でした。人はそこら中でエイズで亡くなっていました。同性愛は安全では無く同性愛のコミュニティーに属する事は良いとされませんでした。当時は1979年、ニューヨークはとても恐い場所でした。」


“In the first year I was held at gunpoint, raped on a rooftop with a knife digging into my throat. And I had my apartment broken into and robbed so many times I just stopped locking the door. In the years that followed, I lost almost every friend I had to AIDS or drugs or gunshot.
「暮らし始めて最初の年、私は銃で脅されナイフを喉に突き付けられながら屋根で強姦されました。そしてアパートは何度も開けられ空き巣の入られたので鍵をかけるのを止めました。そして何年か後にはほとんどの友人をエイズ・ドラッグ・銃で亡くしました。」


“I remember feeling paralyzed. It took me a while to pull myself together and get on with my creative life − to get on with my life. I took comfort in the poetry of Maya Angelou, and the writings of James Baldwin, and in the music of Nina Simone. I remember wishing I had a female peer I could look to for support. Camille Paglia, the famous feminist writer, said I set women back by objectifying myself sexually. So I thought, ‘oh, if you’re a feminist, you don’t have sexuality, you deny it.’ So I said ‘fuck it. I’m a different kind of feminist. I’m a bad feminist.’
「心が分裂するのを感じて自分を元通りにして自分の人生を創造的にするのにしばらくかかりました。マヤ・アンジローの詩とジェームズ・ボルドウィンの文章とニナ・シモンの音楽が私に安らぎを与えてくれました。
心の支えになれる女性の仲間がいてくれたらと願っていた事を覚えてます。著名なフェミニストライターのカミール・パジアは私に性を全面的に出す事により女性を性の対象として意識させると言い、私は(フェミニストは性が無くて否定するのね)と思い私は(ふざけるな!私は違うタイプのフェミニストで私は悪いフェミニストなの!)と言いました。


“I realized that I could not be a victim any longer. That everything happened for a reason. And my job was to learn from every shitstorm I wandered into.”
「私はもうこれ以上被害者ではいたくないと思い、全ての事は原因があり生じたとと気づきました。そして私の入り込んだ全ての出来事から学ぶ事となりました。」


‘As you can imagine, all these unexpected events not only helped me become the daring woman that stands before you. But it also reminded me that I am vulnerable. And in life, there is no real safety except for self-belief. And, an understanding that I am not the owner of my talents.
「分かると思いますが、これらの驚く様な出来事が今の私を作ったのですがそれだけでは無く私がどれだけ弱いのか思い知らされました。そして人生は自分を信じると言う事だけが本当の安全であり私の才能は私から来ているのではありません。」


“I was of course inspired by Debbie Harry and Chrissie Hynde and Aretha Franklin, but my real muse was David Bowie. He embodied male and female spirit and that suited me just fine. He made me think there were no rules. But I was wrong.
「私はもちろんデビー・ハリー、クリシー・ハインドとアレサ・フランクリンに感銘を受けましたが一番はデビッド・ボウイでした。彼は男性と女性の精神を統合させて私と考えがとても合っていて世の中にはルールが無いと考えさせました。でもそれは間違いでした。」


“There are no rules − if you’re a boy. If you’re a girl, you have to play the game. What is that game? You are allowed to be pretty and cute and sexy. But don’t act too smart. Don’t have an opinion. Don’t have an opinion that is out of line with the status quo, at least. You are allowed to be objectified by men and dress like a slut, but don’t own your sluttiness. And do not, I repeat, do not, share your own sexual fantasies with the world.
「貴方が男の子だったらルールは無い。女の子だったら、ゲームをしないといけないの。そのゲームとは?女子は可愛くてセクシーでいる事が出来て、でもあまり賢い行動をしては行けないの。意見を持っては行けなく、また違う意見や自分を高める意見はなおさら言ってはいけない。男性から指示されるのは良くて着飾るのは良いけど本当の脳無しにはなっては行けない。そしてここは覚えておいて下さい。自分の性の良さを世界と共有しては行けない。」


これは訳の位置部分です。長いのでまたの機会に残りを訳したいと思います。


こちらのサイトhttp://www.billboard-japan.com/d_news/detail/45315/2
にも大まかな内容な記載されていますがシマハタミワ的な訳は上記になります♪
posted by 島ちゃん at 14:30| Comment(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

マドンナのスピーチ



マドンナファンの私ですが、恥ずかしながらこのスピーチは最近聞きました。今度、日本語訳をこのブログで書きたいと思いますが英語上級者は是非このスピーチをお聞きになって下さい・・!


マドンナは80年代に流行り当時イギリスにいた私ですがイギリスもマドンナとマイケルジャクソンが大人気で彼女の本・ビデオ・コンサート等色々行った販売されて一通り購入しました。


日本でもコンサートに二回行きました。


色々成功と苦労をした彼女ですがこのスピーチで感動したのは・・


「私が成功を作ったのでは無い。神が与えてくれたのです。神に感謝します。私がレイプされたのも神に感謝します。神は私を強くしてくれました」と言う部分です。


会場にいる女性達は涙を流して拍手喝采です。


すごいなー。。私がその様な経験をしたらそう考えられるかな。。と感じました!
posted by 島ちゃん at 23:20| Comment(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

洋楽Everything I Do I Do It For Youでの英語勉強



素敵な歌を見つけたので本日はこちらで洋楽の勉強をしたいと思います。元々はBryan Adamsが歌っていたの物でBrandyと言う歌手でもあり女優でもある方がカバーしてます。メロディーと歌詞が素敵です^^

では検証して行きましょう!


Look in to my eyes
You will see what you mean to me
Search your heart,
search your soul
Oh, when you find me
there you'll search no more

英語で「見る」はlookで「観る」はwatchです。映画、テレビ等はwatchです。
Searchは探ると言う意味で「探す」はfindですが時によってはsearchも「探す」になります。
マドンナの映画の「スーザンを探して」はSearching for Suzanが英語のタイトルです。

私の瞳の中を見て
貴方が私に伝えたい事が分かるわ
貴方の心を探って
自分の魂を探って
あ、そして私を見つけたら
それ以上は探さないでしょう


Don't tell me it's not worth tryin' for
You can't tell me it's not worth dyin' for
You know it's true,
everything I do, I do it for you

以前に何度も書いてますが歌は発音を略す場合が多いのでtryn'はtryingの略になります。
dyin'もdyingの略です。

試す価値が無いなんて私に伝えないでね
強く欲する価値が無いなんて言ってはダメよ
貴方は真実だと知ってるでしょう
私が行う事の全ては貴方のためなの



Look in to your heart, you will find
There is nothin' there to hide
Take me as I am, take my life
I would give it all, I would sacrifice

sacrificeは犠牲にすると言う意味です。
また、yourと記載されていますが日本語に訳す時は「貴方」と「自分」の両方で訳して意味合いを変えない様にしております。

自分の心の中を覗いてみて、そしたら
何も隠す事な無いと分かるよ
私をありのままに受け止めて、私の命を
貴方に全てあげるわ、犠牲になるわ



Don't tell me it's not
worth fightin' for
I can't help it, there's
nothin' I want more
You know it's true,
everything I do, I do it for you

また略語がたくさん出て来ました。Fightn'はfighting, nothin'はnothingです。

闘う価値が無いと私には伝えないで
私にはどうする事も出来ないの
これ以上何も求めない
貴方は真実だと知ってるでしょう
私が行う事の全ては貴方のためなの



There is no love, like your love
An' no other could give me more love
There's nowhere, unless your there
All the time, all the way
Everything I do

An'はandの略語です。otherと言う単語は「他」と言う意味でothersは特定された人(達)以外の人や物を指します。anotherはもう一つと言う意味です。

貴方の愛みたいな愛は他に無いの
そして他の誰もが私のそれ以上の愛を与える事は出来ないわ
貴方がそこにいなければどこも場所は無いの
いつも、どの様な時も
私がする事はね



You can't tell me it's not worth tryin' for
I just can't help it,
there's nothin' in the
world I want more

試してみる価値は無いと私に伝えないでね
ただ私にはどうする事も出来ないから
世界中でもっと欲しい物は何も無いの



Oh, I would fight for
you, yeah, I'd lie for you
Walk the wire for you,
yeah, I'd die for you
You know it's true,
everything I do, I do it for you

walk the wireとは綱渡りをすると言う意味です。
Die forですが「死ぬため」と言う意味と熟語で強く欲する、と言う意味もあります。この歌の初めの方では強く欲すると訳しましたが文章の意味的にこちらでは死を訳します。

ああ、私は貴方のためなら戦う事もするし、嘘も付くわ
貴方のためなら綱渡りもするし、命を捧げる事も出来る
貴方は真実を知ってるでしょう
私が行う全ての事は貴方のためなの



この歌のBryan Adams版はまた雰囲気が違いますよ!
posted by 島ちゃん at 18:25| Comment(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

英語圏の人とのデートで使用する英語

本日は外国の方とのデートに使用するレッスンを行いました。


イギリス人との事で過去にイギリス英語とアメリカ英語の違いについて行ったセミナーの資料を使用してイギリス英語のお勉強、後半は私が男性役になりロープレを行いました。


青春って良いですね^^個人的なお話ですが過去に外国の方とのお付き合いの経験がありますので会話はもちろんその他の考え方や習慣の違いのアドバイスも出来ます♪


彼女には上手く行ってもらいたいです♪
posted by 島ちゃん at 14:19| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

風邪とインフル

風邪が流行ってますね!毎日テレビで風邪やインフルの予防情報を見ている気がします。


さて、私自体はインフルのウィルス予防に部屋の加湿はもちろん、アロマオイルで芳香もしております。


私の好きな香りの一つの「シナモン」に防菌作用がありますので悪い菌を寄せ付けない様にしております。


アロマが好きなためアロマ検定一級を取得してアロマの勉強を英語で行うと言うレッスンもしております♪


何故私がアロマに興味を持ったのかと言いますと昔から西欧医学の人工的な薬を飲むのに抵抗があり、小さな風邪とかを引くと薬よりも栄養のある物を食べたり温かくしたりと自然療法で治そうとしてました。


そんな時に植物のエキスのアロマはフランスでは医療として使用されている・・と知りハマりました。


全ての薬は元々は植物から出来てるのですよね。


そして、夏場はミントの芳香を部屋で行うのが定番になりましたが私はそれから一度も蚊取り線香を使用した事が無くコバエも見ません。虫が嫌いな匂いなので来ないのですよね。


G対策にもなりますよ!


アロマに興味があり英語で学ぶ事にもご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください!


posted by 島ちゃん at 19:49| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

洋楽A Sky Full Of Starsで英語勉強



寒いですね、本日は夜から都内は雪みたいです!寒い→Coldと言う事で本日はCold Playの歌で(なんじゃ・・)私の大好きなA Sky Full Of Starsで英語の勉強です。とても綺麗なメロディーですよ。


では検証して行きましょう!


Cause you're a sky cause you're a sky full of stars
I'm gonna give you my heart
Cause you're a sky cause you're a sky full of stars
Cause you light up the path

CauseはBecauseの略です。「〜だから」「〜のため」と言う接続詞ですね。アメリカ人はメール等ではよくcozと略して書きます。GonnaもGoing toの略です。
Pathは道と言う意味ですが英語で「歩道」はイギリスではpavement、アメリカではside-walkと言います。

君は空だから、星で満ちてる空だから
僕は自分の心を君にあげるよ
君は空だから、星で満ちてる空だから
君は道に灯を灯すから



And I don't care go on and tear me apart
And I don't care if you do
Cause in a sky cause in a sky full of stars
I think I saw you

Careとは「気にする」と言う意味です。「ケアセンター」は「人を気にする、面倒を見る」と言う意味から来てます。ここのI don't careは否定文なので「気にしない」と言う意味になります。

そしてね僕は気にしないから僕を切り裂いてみな
そして本当にそうしても僕は気にしないよ
だって空では、星で満ちてる空では
僕は君を見かけたと思うんだ




Cause you're a sky cause you're a sky full of stars
I want to die in your arms
Cause you get lighter the more it gets dark
I'm gonna give you my heart

Lightはたくさん意味がある単語です。形容詞では「軽い」と「明るい」と言う意味がありますがここではその後にdarkと言ってますので(暗い)ここでは「明るい」と言う意味であることが分かります。-erが付いてますので「より軽い」と言う比較級になります。

君は空だから、星で満ちてる空だから
君の腕の中で亡くなりたいんだ
暗くなる程君は明るくなるから
僕は自分の心を君にあげるよ




And I don't care go on and tear me apart
And I don't care if you do
Cause in a sky cause in a sky full of stars
I think I see you
I think I see you

I think I see youは少しまではI saw youの過去形になってました。ここは現在形でseeの過去形はsawと言う不規則な動詞になります。

そしてね僕は気にしないから僕を切り裂いてみな
そして本当にそうしても僕は気にしないよ
だって空では、星で満ちてる空では
君が見えると思うよ



Cause in a sky cause in a sky full of stars
I think I see you
I think I see you

だって空では、星で満ちてる空では
君が見えると思うよ




Cause you're a sky you're a sky full of stars
Such a heavenly view
You're such a heavenly view

Heavenlyは形容詞です。Heavenは天国と言う意味ですがキリスト教が国教の国では天国はとても特別なところでHeavenlyは天国の様な、と言う意味になります。

君は空だから、星で満ちてる空だから
まるで天国の様な景色だよ
君は本当に天国の様な景観だよ


歌詞も綺麗ですよね♪

posted by 島ちゃん at 17:20| Comment(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

雪の時の英語レッスン

明日から2月ですね^^速い物です。


さて、東京では明日は雪になるかも知れない・・と言う予報が出ております。前回の雪の時は夜間からと言う予報が見事に外れて昼から大雪になりました。


明日も予報では夜からですがまた外れる可能性もありますので交通機関が麻痺しました場合は無料でレッスンのキャンセルを行っておりますので受講が出来ない方はお知らせ下さい。


しかし今年の冬は天災が多いですね><


インフルも流行っていますのでお気を付け下さい!
posted by 島ちゃん at 21:34| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

グラミー賞で見る日本の報道



最近、クラシックと現代の音楽が融合された物にハマってます・・!クラシックって昔聞いた事がある音楽なのでどこか懐かしくホッとするのですよね。


さて、音楽と言えば今朝アメリカのグラミー賞が発表されました。


朝のニュースで見ていたのですが・・「グラミー賞で日本人の喜太郎さんは受賞になりませんでした」との事で彼の映像も数分流れ・・そしたら次のニュースへ・・!「え、で誰が受賞したの?」と突っ込まずにはいられませんでしたよ。


日本って割とこういうところがある国民性で、例えばフランスやイギリスでテロが起きても特別番組を設ける事をしなかったり海外で旅客機が墜落しても「乗客に日本人がいるか調べ中です」「日本人はいませんでした」と発表して「で、他の人達の安否は?」と疑問を残す報道が多いです。


グラミー賞は自分でネットで調べましたよ、私の大好きなBruno Marsが受賞してました♪
posted by 島ちゃん at 16:35| Comment(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする