2017年11月30日

ヘンリー王子とメ―ガンさんの婚約



少し遅れましたがおめでとうございます!イギリス王室初のイギリス人では無いロイヤルファミリーですね。


21世紀になり、アメリカでは初の黒人の大統領や過激(笑)な発言の大統領、ケイトミドルトンは王室では無い初のロイヤルファミリーでメ―ガンは初の外国の方!


時代って流れてますねー。どんどん変化して行きます。人の価値観が変わって来ていると言う事ですね。


この二人のインタビューを観ているとメ―ガンrの発音が強くtの発音の弱いアメリカ英語を使用していてイギリス王室では考えられなかった会話です。


今後、外交で英語を話す時は発音はしょうがないとしましても単語はイギリス英語に変えるのでしょうね。


彼女の変化が楽しみです^^


しかし英国王室に嫁ぐ女性は本当に美人だらけですねー♪
posted by 島ちゃん at 14:57| Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

英語の文型A

昨日は英語の文型を知る基礎知識の記事を書きました。
http://englishlessonslove.seesaa.net/article/455184347.html
↑こちらにになります。


本日は具体的な例題を用いて見て行きたいと思います。


英語の文型は大きく分けて五つあります。そしてそれぞれの文型にはA副詞句を追加する事が出来ます。
では検証して行きましょう。


@SV 主語+動詞
 He ran. I sang.
 SVA 主語+動詞+副詞句
 He ran quickly. I sang beautifully.

ASVO 主語+動詞+目的語
 Tom kicked the boy. I like her.
  SVOA 主語+動詞+目的語+副詞句
 Tom kicked the boy with force. I like her so much.

BSVIODO 主語+動詞+間接目的語(誰に)+直接目的語(何を)
 I gave him a present. 私は「彼に」「プレゼントを」上げた。
 ※日本語は動詞が最後に来ますので訳すとこの様になります。
 SVIODOA 主語+動詞+関節目的語+直接目的語+副詞句
 I gave him a present yesterday.

CSVC 主語+動詞+補語
 The man fell asleep. It is hot.
 SVCA 主語+動詞+補語+副詞句
 The man fell asleep suddenly. It is hot in August.

DSVOC 主語+動詞+目的語+補語
 She named the dog Woofy. He made his son a cake.
  SVOCA 主語+動詞+目的語+補語+副詞句
 She named the dog Woofy a month ago. He made his son a cake for dessert.


上記が基本の五つの文型です。それでは、おまけでその他も見て行きます。


ASV 副詞句+主語+動詞
Soon we will go. Yesterday we swam.

SVOAA 主語+動詞+目的語+副詞句+副詞句
I will go out tomorrow in the morning. We swam in the lake fast yesterday.

ASVO 副詞句+主語+動詞+目的語
Tomorrow morning, I will go out. Fast, we swam in the lake.

ASVIODO 副詞句+主語+動詞+間接目的語+直接目的語
Yesterday morning I went to see him to give him a present.

ASVOCA 副詞句+主語+動詞+目的語+補語+副詞句
Yesterday morning I went to see him by car at ten o'clock.

AASVC 副詞句+副詞句+主語+動詞+補語
Yesterday morning at ten o'clock, I went to see him by car.

VO 動詞+目的語
Call me. Excuse me.

以上です♪ご自分で文型に沿った文章を作り出して行きますと練習になりますよ^^


ラベル:英文法 文型
posted by 島ちゃん at 13:08| Comment(0) | 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

英語の文型@

本日は文型について書きたいと思います。ちなみに私が文法の説明をする時、学校で学んだ説明では行いません。英語圏の学校が教える文法用語や説明で行います。何故かと言うと・・日本の学校での文法の説明は間違っている事が多いし、学校での授業で英語が話せる様になったと聞いた事が無いからです^^;では始めます♪


英語には大きく分けて五つの文型があります。そしてそれは五つの品詞・語から成り立っています。


Subject主語、Verb動詞、Object目的語、Complement保護、Adverbial副詞句です。ここではそれぞれS, V, O, C, Aと呼びます。


Sは名詞または代名詞で動詞の前に来ます。 
Tom is a student. (be動詞) I ran fast.(一般動詞)


Vは二種類あり、助動詞(目に見えない動詞)と一般動詞(多くが目に見える動詞)があります。一般動詞は主語の後、目的語の前に位置します。


Oは、「何」「誰」か聞く質問に対して答えにあたる部分になります。
He bought a car.彼は車を買いました。carが目的語です。(What did he buy? He bought a car)


そして目的語には二種類ありIndirect ObjectとDirect Objectがあります。ここではIO, DOで説明します。DOは「何を」、IOは「誰に」と言う文章での目的語になります。I gave a pen.私はペンをあげました。penがDOになります。
I gave Tom a pen.私はトムにペンをあげました。TomがIOでpenがDOです。


Cは文章の意味を明確にするためにあります。He is a teacher. S+V+C.
そしてこれが無ければ文章の意味が不明確で補語を変える事により文章の意味が変わります。


そして二種類の形がありS+V+CとS+V+O+Cがあります。
S+V+Cは先に書いた例題通りですがS+V+O+Cの時はCがOの事について説明をしている、同じ人・物について説明をしている事になります。
I think she lied. They elected him president. 両方ともCが無ければ文章が不完全でOとCは同じ人の事です。



また、Cは二種類あり、SC主語を表す補語とOC目的語を表す補語です。
She is a doctor. Mike looks happy. SC
They made her sad. She called him a genius. OC


AはWhy, when, where, how(何故、いつ、どこ、どの様に)に対する答えにあたる部分になります。
She comes by train. trainがA. They come every Wednesday. WednesdayがA


これだけは頭に入れてから文型の勉強をする事をお勧めします。次回は五つの文型の詳細に触れたいと思います^^
ラベル:文型 英文法
posted by 島ちゃん at 13:31| Comment(0) | 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

映画と英語



私にとって映画とは切っても切れない関係です。そして、英語講師として自分の生徒様に映画を観る事を何故こんなにもお勧めするのか・・について書きたいと思います^^


私は2-14歳までをロンドンで過ごして映画が大好きで子供の頃は一人で映画館にも行きました。


イギリスは日本と違い安いのですよね、500円位で鑑賞出来ます。日本に来た時はあまりの高さに驚きました。


初めて見た日本語字幕付きの映画がアップしてます「コーラス・ライン」で今考えたら、何故か?日本の親戚から日本から送られて来ました。当時はビデオテープです^^;年齢がバレますね!


ネットが無かった昔はそれだけ情報が少なかったのですよね、今でしたらどの国でどの様な映画が観れるかすぐ分かりますよね。


さて、映画が好きなため日本での生活をスタートした14歳以降も映画を観まくりました。ビデオテープからDVDへ代わった時は本当に嬉しかったです。プレステ2でDVDデビューしました。何と言っても字幕無しで観れる!それがとにかく嬉しかったです。


その後はブルーレイが出て今はHuluやネットフリックス等の時代になって来ましたね。


映画を英語上達のためにお勧めする理由には、まず「ネイティブが普通に使用している教科書には載らない英語がたくさん登場する」と言う理由が一つあります。


私達が教科書に載っている日本語を使わない様に英語もそうなのですよね。良い例が・・「さようなら」って使用しないですよね?友人とお酒を飲んだ後は「今日は楽しかった、またね!」ですよね。でもこれって教科書には出て来ないですよね。


理由そのAは、「人は聞いた事が無い言葉は発する事が出来ない」からです。例えば耳が聞こえない方・・相当な訓練をすれば出来ますが通常は出来ません。そのため字幕でも英語を聞く事によって多くの単語・発音を聞く事が出来ます。英語は発音が日本語よりも多いので多くの単語を聞く事は多くの発音を聞く事になるのですよね。


そして理由Bは好きな役者や好きなテーマ・興味のある事の映画でしたら苦が無く勉強出来るからであります。私はレオナルド・ディカプリオ様が好きなのですが♪もう鑑賞してるだけで幸せです^^好きな映画のセリフを丸々暗記している物もいくつかあります。はい、完璧なオタクですね!


是非、映画と言う芸術に触れて英語を楽しんで頂ければと思います。
posted by 島ちゃん at 17:28| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

映画「タッカーとデイル史上最悪にツイてないヤツら」で学ぶ英語



映画「タッカーとデイル史上最悪にツイてないヤツら」2010年の映画、ホラー・コメディーです。


これは私大ファンになりました!とにかく笑える笑える・・!英語は中級者〜レベルの方対象です。初級者はまず日本語字幕で観てから英語字幕に挑戦しましょう。


二人の男性が別荘で余暇を過ごすのに何故か大学生のグループに殺人鬼と勘違いされて様々なトラブルに巻き込まれて行きます。ホラーが全く苦手な人には少しキツイかも知れません。


それでは英語のフレーズを見て行きましょう!


開始10:35 I guess we should fix that. 直した方が良さそうだね。
〜した方が良いね、はI guess we should..と言います。他にI think we should.., We should better.., Seems we should.., と言う言い方もあります。
どれも意味は同じです。


開始50:57 What are you talking about? Where are they? 何の事を話してるの?他の人達はどこにいるの?
疑問文は全て語尾を上げると思っている方は日本人に多くいます。学生時代にその様に習った、とよく耳にしますがそれは間違いで下げる疑問文もあります。
What, Where, Why, Who, When, Howから始まる疑問文は語尾を下げます。映画の女性のセリフを参考にしてみて下さい。


開始60:00 This is important. これは重要なんだ。
英語では、強調したい事を言う時はその部分を強めに、ゆっくりめに言います。ここでは「これは」を男性が強めたいのでThis isをゆっくりと少し強めに発声してます。


爆笑をしたい方はTSUTAYAへGo!です^^
posted by 島ちゃん at 16:23| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

イギリス人は魚が好き

先日、祖父母の墓参りに富山県まで行って来ました。


富山県と言えば海産物がとても美味しいのですが、イギリス人も海産物が好きです。


アメリカはピザやホットドッグ等が好きですがイギリスはキング・サーモン、スモークド・サーモン、フィッシュアンドチップス等のお魚料理も色々とあります。


また、イギリスの学校の給食によく出たフィッシュ・フィンガーと言うタラを細長く揚げた物もよく食べられています。


私がいた70年代と80年代はお刺身・お寿司と言う生魚が受け入れられずイギリス人は敬遠してましたが今は大人気ですね!そのため昔は生の美味しい魚がとても安価で手に入りました。大トロとか美味しかったです。


ヨーロッパもスペインやイタリアの地中海の方に行きますとより海産物が好きになる傾向がありますね。


ただ、いくら好きと言いましても日本人にはかないません。日本人は世界一の魚好きですよね^^


さて、美味しい富山のお魚料理を少しお披露目します!

securedownload (41).jpg

富山県朝日町名物のタラ汁♪たっぷりのタラの身と白子と野菜を味噌で煮込んだ物です。

securedownload (43).jpg

富山名物の白エビの天ぷら!

securedownload (48).jpg

securedownload (50).jpg

securedownload (51).jpg

カニ三昧

securedownload (49).jpg

定番のお刺身

securedownload (52).jpg

あったか鍋

ご馳走様でした!







posted by 島ちゃん at 16:11| Comment(0) | 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

映画Vフォー・ヴァンデラッタで学ぶ英語



Vフォー・ヴァンデッタ、2006年の作品です。
イギリスでは知らない人はGuy Fawkesと言う人がいて1605年11月5日に英国の国会を爆破しようとして捕まり、死刑になりました。そのため11月5日はガーイ・フォークス・ナイトと言い夜にたき火を囲み花火をしたりして英国の発展を祝います。この映画はガイ・フォークスの現代版の様な物です。話の展開が速く私はとても楽しく感じました。100点中90点です。そして舞台がロンドンなので全て英国英語です。今回はイギリス英語にも触れて勉強して行きたいと思います!


開始13:25 On the lightest part of things. 物事の明るい部分に〜
日本語で「楽しい出来事、明るい出来事」と言う言い方がありますが英語でも同じでlightest part, light part, brightest part, bright partと言います。partをsideにしても同じ意味です。逆の「良くない出来事」はdark partになります。


28:30 May I ask where? どこかお聞きしても良いですか?
英語でMay I..は「〜してもよろしいでしょうか?」と言う丁寧な言い方になります。イギリス人がよく使用します。通常の言い方はCan I..になります。また、could I..も丁寧な言い方になります。Can, willを丁寧な言い方にする場合、could, wouldと受身にするとなりますのでビジネスの場でよく使用する言い方です。


28:45 I didn't want this for either of us. 私達のいづれかにもこれが起きて欲しく無かった。
Eitherの発音ですがこの映画はイギリスなのでアイザーと発音してますがアメリカ人はイーザーと発音します。中学3年の時に日本で行われた英語のテストでこの発音の違いで減点されて、イギリス育ちの私はその時初めてアメリカ英語のeitherの発音を知りました。(日本の英語教育はアメリカ英語)


32:05 Can I ask that what you said on the telly.. テレビで貴方が言っていた事だけど。。
イギリス人はテレビの事をTellyと言います。TVも言いますがtellyはイギリス人が使用してアメリカでは言いません。


イギリスの歴史を学ぶ事も出来る映画です、ご興味がありましたら是非ご覧になって下さい^^
posted by 島ちゃん at 19:25| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

書店での洋書コーナー

本日、日本橋の某書店に行きましたら外国の方が英語で店員さんに何かを尋ねていて、「英語が出来ない」と何人もの店員さんが来て結局通じず彼女はエレベーターでお店を出ようとしてました。


何だか気の毒で話しかけたらフランス訛りのある方でおそらくフランス人、翻訳して店員さんに探している物を伝えました。


東京の真ん中の日本橋の大きな書店の洋書コーナーですよ。もう少し、社内研修で英語を取り入れたり、英語のアンケート等を作り伝えたい事が伝わる様な接客が出来ない物かなーと思いました。


これからどんどん外国の方が日本に来ます。このちょっとした違いで企業の売り上げが大きく変化するのではと思います。英語が通じるところは、ネットで外国人の方達が情報を流すでしょう。


旅行に行く人は基本的にはポジティブな人が多いと思いますので、「良い事は皆に広めたい・共有したい」と思うはずなのでサービス業は特に英語に力を入れるべきだとさらに感じてしまった本日でした^^
posted by 島ちゃん at 19:47| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

映画ワイルド・スピードX3で学ぶ英語



ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTで学ぶ英語、今回は迫力大のカーアクションです。


観てて凄い腕の良いスタントを選んだのだろうなーと思いました。ハラハラします!2006年に上映、英語レベルは初級者〜、アクションなので難しい英語も会話も少ないです。また、舞台が東京なので日本語も多く出て来てその英語字幕が下に記載されますので「へー、英語だとこう言うのか」と勉強する事が出来ます。あまり大した日本語は使ってませんが・・ちなみに私のオフィスからすぐ近くの兜町駐車場が出て来て、ロケに使用してたのに驚きでした。スピード強の男の子の話、おくつかシリーズが出てますがその中の一つです^^


では英語を見て行きましょう。


開始11:44 What the hell were you thinking? 一体何を考えていたの!?
'' What the hell''のhellはそのままだと「地獄」と言う意味です。英語で「地獄に落ちろ」はGo to hellと言います。What the hell..は「一体」「全く」等の良くない事・悪い事が起きて相手に対して強く伝えたい時に使用します。例えば誰かが部屋をめちゃくちゃにしていたするとWhat the hell are you doing? と言う事が出来ます。驚きを表現するのに使用するフレーズです。


33:31 You're out of here. Go ahead. 「出て行きなさい」「どうぞ」
父親が主人公を追い出そうとして電話をかけようとすると主人公が抵抗せずに受け入れる場面です。
相手に出て行く事を伝えるのにYou're out of here.と言います。また、プロジェクトから追い出す時はYou're out of the project. 退学を促す時はYou're out of schoolと言う言い方も出来ます。
Go aheadは「どうぞ」と言う意味で、例えばお手洗いに行きたい時May I go to the lavatory? Go ahead.
ワインを飲みたい時にMay I have some wine? Go aheadと言う様に言います。


78:03 I gotta do this.自分でやらないと行けない。
主人公の英語はアメリカの南部の訛りがあり、gottaを「ガラ」と言う様にt を発音しないで発声してます。
イギリスの標準的な英語はgot to と言いますがワーキングクラスの英語はtを発音しない英語が標準になります。統計で、ミドルクラスに近づく程tを発音すると言う割合が出ておりまして、ワーキングクラスの人達も分かっています。アメリカ英語ではoを「ア」イギリスでは「オ」と発音します。


アクション好きにはお勧めの映画です、よろしければご覧になって下さい^^
posted by 島ちゃん at 16:53| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

セミナー

https://lp.sannegishi.com/

11/26にセミナーを行います。


経営者・個人事業主の方やこれから起業を考えている方向けのセミナーです。


ご興味がある方はお申込み下さい^^
posted by 島ちゃん at 22:50| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする