2020年06月29日

本屋さんの洋書取り扱い店の変化

ここ最近、洋書の取り扱いを止めた書店がいくつかあります。


皆様アマゾンで購入するからかな?


本日はそちらのお店について書きたいと思います。


まず、東京駅の八重洲口近くにあります、八重洲ブックセンター。よく利用してましたが二か月程前に行きましたがもう取り扱っていないとの事・・そう言えば洋書のみセールとか行ってましたね。


また、飯田橋にありましたネリーズと言う洋書の英語教材に特化したお店も現在はオンライン販売のみになりました。


ブック・オフの上の上野広小路店。こちらも洋書を廃止しました。


洋書が一番豊富にあるのは丸善の丸の内本店だと思います。


日本橋店に希望の本が無い時は大体丸の内本店から取り寄せてくれますので、お急ぎの方は直接そちらへ行き購入すると良いかと思います♪
posted by 島ちゃん at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

イギリス英語の素敵なキッズテキスト!

IMG_4557.jpg


最近使用しているキッズ向けのテキストをアップしました。


お値段は3300円と安くな無いのですがとても厚くてやり応えがあります。


音声はCDでは無くダウンロードで綺麗なイギリス英語が聞けます♪


さて、週末はキッズ英会話が多くなる傾向があり本日は小学校2年からレッスンをしてますピカピカの中学一年生の子から質問を頂きました。


「学校の先生の発音が美和先生と少し違うのですが何でですか?」


Oh, それは簡単で現在の日本語の教育は英語はアメリカ英語だからです。


お母さまからも質問を受けました、嬉しい事にお母さまはイギリス英語肯定派で・・


「せったく今までイギリス英語で勉強して来たのにアメリカ英語にしないと行けなくなるのでしょうか?」とのご質問がありました。


大丈夫です。


私がイギリスにいた70-80年代は現地校に色々な人種の先生がいてイタリア・インド・アメリカ等の様々な訛りのある教師がいました。


イギリスにいた時はあまりにも日本語が酷いからとロンドン日本人学校に現地校から転校したのですがその後は英語のテストでは満点しか採った事が無く、(他の教科は聞かないで下さい・・)日本に来たらそれが98,99とかになりました。


理由が分からなく先生に聞きましたら、「ごめんね、日本の教育ではこう言う採点になるの・・」との事でした。


さて、それから何年も経過して(約30年・・^^;)私が学生時代の英検やTOEICのリスニングは当時全てアメリカ英語でしたのが今はイギリス・オーストラリア、もっと言いますと超上級のテキストでは韓国・インド・アフリカ等の英語の聞き取りの内容が記載される様になりました。


少し回り道をしましたが、昔と違い今とこれからはアメリカ以外の英語圏の人達や英語圏では無い人達とのビジネスが多くなります。


アメリカ英語とイギリス英語の違いはほんの少しです。アメリカ英語の方が簡単です、そんなに心配しないで行きましょう♪











posted by 島ちゃん at 16:41| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

弊社の英語レッスンの特徴

download (1).png

東京は大分暑くなり、30度を超す日々も増えて来ました。


今でも覚えているのですが5歳の時の夏にイギリスから日本へ一時帰国した時、成田で「アッツ!!」と思いました。当時は暑くても気温が30度位だと思いますので、いかに地球が温暖化してるかが分かりますね。


それと同時に自分で今これを書いていて、5歳の記憶は本当にインパクトのある事だからあるのだなーと思いました。


人間の記憶ってあまり印象に残らない「短期記憶」と簡単に覚える「長期記憶」があり、英語のレッスンでもなるべく簡単に単語や文法を覚えて頂く様にちょこっとしたマメ知識をお伝えしたりしてます。


例えば・・Friday the 13th.「13日の金曜日」ですが欧米では不吉な日とされています。


では何故でしょう?


多くの方が昔流行りましたホラー映画の「13日の金曜日」と関連付けて「ジェイソン?」と答えます。


答えはキリストが処刑された日のため、不吉な日と欧米ではされてます。


さて、日付の勉強がここで出来ます。「13日の金曜日がFriday the Thirteenth」なので、では15日の土曜日は?


「Saturday the fifteenth」ですよね。


また、Jaysonと言う名前は男性の名前で日本語で言う「大輔」や「太郎」等の昔からある名前です。


最近は欧米でも日本での少し変わったキラキラネームが流行ってますが、日本の皇室やイギリスのロイヤルファミリーではその傾向はありません。


この文章を読んでいる方は皇室のお名前は分かるかと思いますが、イギリスのロイヤルファミリーもGeorge, Charlotte, William, 等の昔からある名前です。


ちなみに私の名前は美和で、典型的な昭和の名前です。


イギリスの昔ながらの名前は多くが聖書に登場する人達の名前です。


伝統を重んじるイギリス人はそれを無くさない様にしているのでしょうね。


この様に日程の言い方、テキストでよく登場する名前の読み方、インパクトがある様にお伝えしています。







posted by 島ちゃん at 17:23| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

英会話レッスンで対面の方にフリスク・ホワイトのサンプル

IMG_4531 (1).jpg

IMG_4389.jpg

こんにちは♪Helllo !


お知らせです。現在、お会いしてます生徒様に「フリスク・ホワイト」のサンプルを差し上げてます。


「フリスク」と言いますと辛くて大人の眠気覚まし・・みたいなイメージがあるかと思いますがこちらは青りんごの味のするマイルドな物でお子様でも美味しく頂けます。


オンラインではお渡しする事は出来ないため申し訳ありませんが対面の方に限らせて頂いてます><


現在はオンラインだけれども対面に切り替える予定の方でご希望の方はお知らせ下さい♪ストックしておきます♪
posted by 島ちゃん at 18:41| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

オンラインと対面レッスンの違い

images (5).jpg


先日、体験レッスンからオンラインで今まで一か月と少しレッスンをしていたキッズの生徒様に初めて対面でお会いしました♪


緊急事態宣言も終わり、対面を元々強くご希望されていた親御様だったのですが(生徒様は元気な小学生二名のご兄弟です)このコロナの騒動でスタートからズームのレッスンで行って来ました。


対面とオンライン、どっちも良いところとそうでは無いところがあります。


オンラインの良いところは今回の様な感染症を防ぐ事が出来る、お互いにどこでも出来る、移動時間・交通費がかからない等かと思います。


対面の良いところは画面では伝わらない雰囲気、相性の分かり易さ、タイピングが出来ない小さなお子様への筆記の指導の伝達の速さがあるかと思います。


デメリットはこの反対になりますね。


また、お子様にレッスンを行う時、私が子供の時だった時の様にとてもやんちゃでジッとしてられないキッズも多くいます。


そんな時、私は「言う事を聞かないとコチョコチョの刑にするよ〜」と言いコチョコチョします!


実際は私が一度、お腹や腕をコチョコチョするフリをしたり、指でプニッと押すだけですがキッズはそれだけで前向きにレッスンに取り組みます。


こんな事もオンラインでは出来ない事ですよね。


私の英語レッスンは「楽しく」がコンセプトでありますので、いつもそれを頭に入れてレッスンしてます♪





posted by 島ちゃん at 20:15| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

アメリカの暴動と日本

J200602miyaketop-700x448.jpg

アメリカで暴動が止まりません><


白人警官が黒人を逮捕する際に首を押さえつけて殺害してしまい、それによる暴動がアメリカ各地で広がっています。


この様な事があると毎回思うのですが・・日本人は穏やかですよね。


政治的なデモや抗議はおおいにする権利は民主主義の国はありますが、それにより罪の無いお店に放火してあげくには商品を盗むとかは全く関係無い出来事で、自分の普段のストレスを何かのせいにしたくその様な行動に出てるとしか思えないです・・


つい英語講師的に見てしまうのですが、アフリカ系アメリカ人やラテンやアジアの人は感えてる事=行動、なのですよね。


例えば、これは実際の話ですが友人がラテン系の方達とビジネスミーティングをした事があり、もう二度としたく無いとの事。


一時間もすると「あー、もう疲れた!チーズとワインは?」となるとの事。


一方、イギリスやアメリカ等の国ではその様な事が起こりません。


お金とビジネスを意識して真面目に最後まで行います。


ただ、日本ってアジアですよね?では何故日本人は違うのか?と言う事ですが個人的には敗戦前の日本はそうだったのでは?と思ってます。


先の計画より現在の感情を優先していたのかと思います。


日本人は真面目なので新しい文化をすんなり受け入れたからかな?と思います。


何だか今回のコロナに共通するところがありますね!


前に読んだある本で、「盆踊り」の起源が書いてありここではとても書けない内容なので気になる方はググって下さいませ♪

posted by 島ちゃん at 17:59| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする