2013年03月06日

スモッグ

中国のスモッグが問題になっていますね。


スモッグは煙smoke+霧fogが合わさりsmogと言う単語が生まれました。


産業革命の時、英国でも問題になりました。


英国のテレグラフ誌でも報じられております。以下は、テレグラフ誌の見出しです。


The suffocating smog that blanketed swathes of China is now hitting parts of Japan.
何層も中国を覆った息苦しいスモッグが現在日本の数か所を攻撃しています。


Saffocating息苦しいsuffer苦しむ、blanketは名詞では毛布、動詞では覆う、hitは打つ、叩く、故にここでは攻撃すると訳します。


この様に、類義語が多い英単語なので一つの単語で複数の意味、または似た綴りをついでに覚える事が出来ます。

posted by 島ちゃん at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック