2013年07月09日

英国と米国の性格・習慣の違い

私が英国にいた1970年代と1980年代はよく学校でアメリカとの比較を取り入れた授業がありました。


言語に関しては皆知っているので取り上げられませんでしたが、性格・習慣は大きく違い、皆認識していました。


当時、英国にはテレビのチャンネルが3つしか無く、channel4が出来た時はアメフトが放送される様になりました。


アメリカ人と英国人の違いは・・たくさんありますが、一つにアメリカの方は「熱い人種」に対して英国は「冷めた人種」です。


アメリカも、南に行けば行く程熱い方々が多いと私は感じます^^


英国にいた時友人が南アメリカと英国人のハーフで、彼女の自宅に遊びに行くと南アメリカの母は'' Hye, Miwa! ''とハグをしてくれ遊びに来てくれたお礼をたくさん話して夕食をご馳走になる時は当時野菜嫌いであった私に対して説教をしたり食べないといかに不健康になるかを教えてくれました。


英国人の母を持つ友人宅に行くと、'' Hello, please come in '' と丁寧に招き入れて頂き、友人と二人で遊ぶ時は放置されてました。


ちなみに彼女の父はアフリカの方です。


アメリカ英語と英国英語の違いをよく聞かれますが、文化や習慣、性格でもこの様な違いがあります^^
posted by 島ちゃん at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック