2013年12月13日

英語義務教育の変化

中学校の英語教育が、100%英会話での授業になるとの発表がありました。


とても良いシステムだと思います、若い内は何でも吸収し易いので子供には英会話が出来る近道になるでしょう!


ただ、大変なのが英語教師ですね。。


導入が数年先なのは、教師の会話力のレベルアップを考慮した期間を設けたためだと思います。


日本人が英会話が苦手なのは、義務教育での英語教師の教え方であるとも言われています。


ま、導入までに教師の質も大きく変わり英語力のある学生さんが多くなるはずです。


将来、英語力のある新入社員がある日、勤めている会社に入社する・・と言う事でもあります。


英語とPCは早い内に学んだ方が良いと思います、私も学生時代もう少し勉強しておきたかった科目があります。


それは数学で、プログラミングが私は出来なく、もう少し勉強していれば出来たはず・・><と思ってます。


いつか英語を学びたい・・と思ってる方へ・・


今でしょ♪(笑)
posted by 島ちゃん at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック