2014年02月12日

フランス・英国・米国の特徴



上手に交わしましたねー♪英国・フランス・アメリカ、この三つはとても我の強い国です。


18世紀はフランス、19世紀は英国、20世紀はアメリカが世界の中心であったため自分の国に強い誇りを持ち言語を変えようともしません。


ただ、フランス語や他の言語が混ざり生まれたのが英語、また英語が派生したのがアメリカ英語です。


それぞれの国は自分の伝統を大事にしておりますので文化も性格も違います。


芸術に強いフランス、教育・福祉を大切にする英国、数字に強いアメリカです。ビジネスや留学等で違う国の人達と接する際は相手国の文化を理解・知る事がとても大事で、言語取得やビジネス向上の方法にもなります^^

posted by 島ちゃん at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック