2014年06月24日

外資系でのビジネス

私が独立する前にいた会社は金融で、長く営業を行っておりました。父が外資系の社長であった・・と言う事も影響してるかも知れませんが、そのためか知人も同じ業界が多く、どこかで営業を募集している時や人手を探している時は情報が入ったり声がかかったりします。


この様な立場は日本企業では少し特殊である・・と気付いたのは独立してからであり、どちらかと言うと外資系・海外の会社に多いビジネススタイルで多くの日本企業は「うちの会社のプロになってもらう」と幅広く社内で働ける社員を教育する傾向が大手になればなる程強いかと思います。


そのため外資の求人広告は経験者を優遇するのに対して日本企業は新卒を優遇します。


外資で働く、働きたいから英語レッスンを行う事はとても大事で英会話の能力だけでは無く文化の違いも知る必要があります。


例えば・・夜遅くまで働く→要領が悪いのかな? 意見を言わない、何でも従う→何も考えてないの? 給料の交渉をしない→安く雇える、これはラッキーだわ。


と、好意でしている行動が誤解を生んでしまったりします。


そして、英語は必須です!


外資系で働く事を考えている方はお気軽にご相談下さい!


無料体験レッスンも行っております^^


posted by 島ちゃん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック