2014年09月06日

せともの・英語のルーツ

本日は韓国旅行にお土産でお茶と海苔を頂きました^^

photo (21).JPG

ところで、英語でせとものの事をchinaと言います。


昔、ヨーロッパの人が中国や日本に行きそこで見たお茶碗がとても綺麗で自国に持ち帰り、中国のchinaと言う名前を付けました。


東洋のお茶碗はとってが無いため当時のティーカップも日本茶碗の様に無く、デザインも中国や日本的な色のあざやかな派手なデザインが好まれました。


現在はとってが有り、デザインもヨーロッパ的な物が多いですがアンティークのプレミアム物はとても東洋的なデザインです。


その後、動物の骨を混ぜた陶磁器が出て骨が入っているためbone-chinaと呼ばれます。


英国人が好きな紅茶ですがティーカップは中国・日本、お茶はインドから、となかなか国際色豊かですよね・・!
posted by 島ちゃん at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック