2015年06月09日

日常会話とビジネス英語の違い

ビジネス英語と日常会話の違いですが、そんなに大きな違いはありません。


ただ、英国は階級社会で貧富の差がはっきりしておりますので、階級によって話す英語が少し違います。


大きく分けて英国はワーキングクラス・ミドルクラス・アッパークラスがあります。


ちなみにケイト・ミドルトンはパイロットとCAの子供でミドルクラスでした。ワーキングクラスは労働者階級・アッパークラスは王室関係になります。


一般的にビジネス英語とは、ホワイトカラーの人達がビジネスで話す英語の事を言います。(ホワイトカラーとはwhite collar 白い襟、つまりスーツを着て働く人達の事を言います。)


そしてワーキングクラスの人達の話す英語は、簡単な日常会話レベルになります。


つまり、日常会話レベルでも全然会話は通じると言う事です。


英国は階級社会ですが、人は皆平等と言う社会なので労働党も強く、多くの首相が労働党でした^^








posted by 島ちゃん at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック