2015年06月19日

英語・米語の違い

英国英語とアメリカ英語の違い、色々聞かれる事がありますがこれはレベルがアップして上級者になればなるほど英国英語になります。


私は英国に14歳までにいましたが、高校受験・大学受験は日本のアメリカ英語で受けましたので両方とも対応可能です・・!


アメリカ英語は、昔英国を初めとするヨーロッパの人々がアメリカに移住して言語がそれぞれ違う人達のためにアレンジされた英国よりも簡単な英語になります。


そのため文字数が少なかったり、発音が南の国に近い高音になります。例)英国colour 米国color


なので、文法は複雑になります。いわゆる、貴族が話す文法と庶民が話す言葉が違うのですよね^^;


そのため、ビジネス等で高いレベルの会話やイーメールでのやり取りが求められる場合は英国英語が基礎になったりします。


ちなみに、国連で使用されている英語は英国英語で「実用英検」はアメリカ英語、「国連英検」は英国英語での試験になります。


posted by 島ちゃん at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック