2016年05月26日

欧米と日本の会話文化

欧米の人達と会話をする際、気を付けたいのが距離の取り方・会話のプライバシーです。


私もですが、初対面やそんなに知らない方にはあまりプライベートな事は聞かれたくありません。例えば、家族構成はどうなのか、収入はどうなのか、仕事は上手く行っているのか、結婚予定はあるのか、等です。もちろん日本人でもプライベートな事を避ける人は多くいますが、ネイティブの先生が日本の学校で授業を行い一番驚くのは「Do you have a boy (girl)friend?」と言う英語のレッスンに関係の無い事を聞かれる時です。ほとんどの方は「That's private」と拒否をしますが、日本人はグループ・仲間・組織の相手の事を良く知ろうとしますのでこの様な質問がよく出て来ます。


欧米人は個人主義なので、「人は人、私は私」と言う感覚が日本よりも強くあります。もちろん、数回会ったり距離が近くなり友人になるとどんどんプライベートな事は相談します。ただ、基本的には自分から自分のプライベートは話し、相手の事は根掘り葉掘り聞きません。


この様な文化の違いにより、悪い言い方をすれば欧米人からしたら日本人は失礼、日本人からしたら欧米人は冷たい、と言う感情が沸きます。


良い言い方をすれば日本人は相手を理解しようとする、欧米人は自分と言う物を持っている、と言う事になります。


今はスマホやSNSの時代、日本人でも若い人程個人主義になって来ている感じがします。


最近はタイやフィリピンの文化の違いも聞き、色々な国の文化により一層興味が沸いております!


posted by 島ちゃん at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック