2016年09月18日

言語学と文化

私の言語学に関する考え方は「習いたい言語の文化を知らないと話す事は出来ない」です。と言う事で本日は英語圏の人達と日本人の文化の違いについて書きたいと思います。


英語を話す様になりたい場合は欧米の「個人主義」を理解しないと行けなく、また欧米の方が日本語を話したい場合は日本の文化を知る必要があります。


一例を挙げますと、会社の面接試験では面接される側の基本姿勢は腕を組み、足も組みます。欧米のトークショーでもこの様な姿勢で会話をしている動画を見た事もあるのでは?


何故この様な姿勢なのかと言いますと「私はリラックスしてお話を聞いていますよ」「気を使わなくても大丈夫ですよ」と言うメッセージになります。


日本企業でこの様な事をしたら面接でまず落とされますよね^^;ちなみに私のレッスンでは足組・腕組大歓迎です、私もそうしてます♪


また、欧米人は「人は人、私は私」の考え方があり自分の意見を言う事は大切でありよく相手に対して意見を求めます。日本では否定をする事は失礼であり否定的な言葉を避ける傾向がありますが、欧米の人は本音で話す事を望んでます。日本人の様に空気を読める力が強くないので言葉で伝えないと理解出来ないのですよね。


はい、私も何度もこの事で苦労して来ました今でも、「言葉がキツイ」と言われる事がありそれが何故か分からない自分がいます。相手の事を思って言ってるんだけどなーと言う言い訳がありますが・・!


ま、そんなこんなで留学したい国・職場で外国の方とコミュニケーションンを取りたい方は相手に国の文化を知るとさらに上手く行きますよー

posted by 島ちゃん at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック