2017年01月20日

英国と日本の食生活の違い

日本と英国では同じ食材でも調理に仕方が違う物・食べ方が違う物があります。本日はその中の一部をご紹介します^^


まず、私が日本で驚いた事。スイカに塩をかけて食べる事があります!今だにスイカに塩は苦手です、甘くなると言いますが私にはしょっぱいとしか思えません。


また、ピザを手で食べる事です。飲食店では英国では必ずナイフとフォークが出て来ました。


コーヒー牛乳や缶コーヒーも英国にはありませんでした。コーヒーや紅茶は入れて飲む物と言う認識です。


では英国で普通に行われてる事です。トマトですが、フライパンで焼いて食べます。もちろん生でも食べますがトマトは体を冷やすので良い調理方法かと思います。


ケーキは皿に盛る時横に倒し、お好みでホイップされていないクリームをかけて食べます。カロリーが凄いですよね^^;


ポテトフライに酢をかけて食べます。これも健康的には良さそうですね!


チーズサンドと言ったらチェダーチーズを下ろし金で細くした物をパンとバターで挟む物です。日本人はプロセスチーズが好きですが英国はチェダーです。


アップルパイは出来上がりましたら熱々を食べます。日本人は冷ましますよね。


他にもたくさんあります、英国に旅行する時は「へー」と思う食べ方が色々ありますよ♪英国
posted by 島ちゃん at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック