2017年03月19日

義務教育では学ばない英語、needn't

日本に義務教育では習わない英語の一つに、needn'tと言う言葉があります。


この言葉はイギリス英語で、アメリカ人はdon't need to と言います。イギリス人はどちらも使用します。


You don't need to bring your shoes. You needn't bring your shoes. You don't have to bring your shoes.


上記の三つの文章は全て同じ意味です。


また、needn't haveと言う言い方もありますあ。


〜しなくても良かった、と言う意味です。They needn't have reserved a room. I needn't have finished reading the whole book.


ただ、TOEICと英検はアメリカ英語の試験なのでこの様な表現は出て来ません。IELTSを受ける方は日本の義務教育では学ばないイギリス英語を勉強する必要が出てきます・・!
posted by 島ちゃん at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448119705

この記事へのトラックバック