2017年06月07日

日本と欧米の時間の感覚

securedownload (23).jpg

本日は久しぶりに友人とランチをしよう!と言う事でいつも行列の出来る有名焼き鳥屋さんの宮川へ行くと言う予定で待ち合わせました。時間が遅れると行列になるので時間厳守で待ち合わせたのですが来ない・・連絡も何故かつかなく「一人で食べてるよー」と言う事で大好きなカシワ丼(ネギ間丼)を食べました♪


やはり美味しいなー♪と食べてる間にラインが・・寝坊したとの事・・!どんだけ寝てるんだ(笑)


その後、たくさんのお菓子を持って来てくれて平謝りしてました(笑)私の友人は面白い人が多いです!


さて、時間の感覚ですが日本人は世界で一番正確だと言われています。私もそう思います。こんなに正確に電車が来る国は無いです!イギリスにいた時は時刻表はあてにならないので、自然と待ち合わせ時間もプラスマイナス15分は当たり前の感覚でした。


昔、電車に乗っている時に急病者が同じ車両に出た事があります。病人は電車から降ろされ駅員さんが対応してたのですが直後に上司らしき人が駆け寄り「何やってるんだ、早く発車しろ」と車掌さん言ってました。確かに病人が電車から出たら電車は待っていてもしょうがないけどそれだけ時間に正確になろうと努力してるんだな・・と思いました。


欧米では「正確さ」より「スピード」が重要なので、正直たまに日本で矛盾を感じる時があります。


例えば、電車の遅延がある時。朝でも夜でも予約や待ち合わせがある時は遅れてる時は出来るだけ速く行きたいです。でも「時間を合わせるためこの駅で数分停車します」とアナウンスがある時何だか矛盾を感じるんですよね^^;


「正確じゃなくて良いから速くしてよー」と心の中でつぶやいてます
posted by 島ちゃん at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック