2017年06月22日

時代の流れ、ITと英語

本日時間があり、埼玉県の草加市へ行きました。私は埼玉県越谷生まれで学生や20代前半の時はよく草加駅前の丸井や駅ビルのヴァリエで洋服を買っていて、この度ヴァリエが閉店と知り覗きに行きました。


ま、結論から言いますと来年秋にまたオープンらしいですが・・しかし驚いたのお店の取り扱っている商品で、そんなに高く無いのは分かっていたのですが1000-2000円代中心で昔は一万円前後だったのがこんなにも変化したのか・・と思いました。


また、丸井も大分変ったと聞き超久しぶりに行きました。


びっくり!昔はアクセサリー中心だった一階が食料や物産展中心となり、お洒落なブランドだらけでした上の階は年輩者中心のノンブランド・・時代は変化したなーと感じました。


私が学生の頃と違い、今はネットの時代なので情報と変化のスピードが急速に速くなりそれに対応出来る様に企業も試行錯誤いているのではと思います。


数年前に大きく成功した商品やサービスが今では「え、そんなのあったけ?」状態な物はたくさんありますよね^^;


例えば、フランス大手のブランドも販売した携帯のストラップや革の手帳!スマホの現在では必要ないですよね。


ま、つまり何を感じたかと言う事ですが今の時代はITと英語の基礎的な能力は必要だなーと感じました。


IT会社の役員をしている方とお話したのですが、現在は小学校でもITの授業があり昔と違い簡単なプログラミングは一般の人でも出来る様になっているとの事です。


英語も、バブルの頃と違いビジネスでの商談の相手が欧米の方では無くこれからの時代はBRICKSの国との会話になるはずなので難しい英語を使用しなくても充分です。


ただ、通訳を使い通訳だけを頼りにしてしまうと心が伝わらないのですよね。


基礎的な英語で結構なので一生懸命相手に何かを伝えようとしますと言葉と同時に心も伝わります^^


そのため、今後ビジネスで英語を使用する機会が増えそうな方は簡単な英語は掴んでおく事をお勧めします♪





posted by 島ちゃん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック