2017年08月10日

英単語A

先日、英単語の覚え方を書きました。


本日は、マイナスな英単語を二つ文章に入れますと何故プラス、つまり肯定文になるかを書きたいと思います^^


まず、日本語と英語は文法が根本的に違う事と日本語は直接的な単語を避ける傾向がある事を理解する必要があります。


英語でThis is not bad. not→否定 bad→否定的な単語、です。badがnot、つまり「これは悪く無いよね、悪い事では無いよね、」と言う意味で肯定文になります。


では日本語で、これはダメな悪さだね、と言うと「これはどうしようも無い悪事だね」と言う超否定文になります。日本語だと否定的な言葉はネガティブな文章になりがちですが英語はそうではありません。


また、肯定文でも似た現象が起きる時があります。面白いですね、言語の違いは♪
posted by 島ちゃん at 23:34| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: