2017年08月19日

英語が上手になる一工夫

英語のレッスンで色々なレッスンがありますが、よく聞きますのか「頑張ったんですが全然上達しなかったんです・・」と言うお言葉です。


色々な背景があると思いますが、私の基本的な考えに努力×時間、と言う考えがあります。


人間は努力すれば世の中の大体の事は出来る、と言う言葉を信じていて何か壁に当たりましたらこのセリフをヒントにしてます。逆に、上手く行かない時は自分がさぼってると思ってます。


さぼってると言うのは勉強する・夜中までテキストを開いて単語の暗記する、でな無く「どの様にして自分の目標まで到達出来るかの知恵を絞る事」をなまけてしまったと言う意味です・・!


時間があり努力が出来る時間があれば良いですけど社会人になればそのはなかなか行かない・・!そこで知恵を絞ると結構時間効率が良く勉強出来ますよ!


例えば・・夜疲れている時にレッスンの予習しても苦痛なので早めに寝てその代わり明日一時間早く起きて勉強する!


カフェでのレッスンの場合、時間より早く来て予習してその後はご自分で復習などです♪


そして一番大事なのが「英語を嫌いにならない事」です。本来でしたら「好きになる事」と書きたいのですがそうでも無い方が多く・・「嫌いにならない」→「好きだ!」になって欲しいな♪


何だか男女の恋愛みたいですね(笑)







posted by 島ちゃん at 20:10| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: