2017年10月12日

年金手続きで使用する英語

海外で昔働いていた人は、年金をある一定の年齢になると受け取れるのはご存知ですか?


本日はその手続きを行いました。日本もそうですが受給の金額や内容等、変化しますので手続きを行う際はきちんと調べておく必要があります。


分かり難いところがありましても問い合わせますと丁寧に答えてくれます。今はメールがるので便利ですよね!バブルの時働いていた人達は海外で連絡を取るのに夜中に起きて電話したりと大変だったのですよ!


また、海外の年金事務所は年金番号の管理がしっかりしていて日本の様に「紛失した」などありえないので(苦笑)番号がご自分で分からなくても大丈夫な場合がほとんどです。


英語圏の年金受給の手続きをしたいけど書類の意味が分からない、年金事務所のホームページの意味がよく分からない、等のお悩みをお持ちの方はご相談下さい^^


英語レッスンで意味をお伝えする事が出来ます。もちろん、万が一受給額とか分かってしまっても個人情報は厳重にお守りします。
posted by 島ちゃん at 15:34| Comment(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: