2017年10月31日

子供の英語教育

securedownload (15).jpg

英語は小さい頃から学んだ方が良いと言われている事は多くの方が知っているかと思います。


ではそれは何故なのか?について触れてみたいと思います。


人が生まれて、まず一番最初にする事は「聞く」事です。そしてほとんどの人は言語を聞きます。


人の脳は言語を習得するのにとても長けていて、子供の頃の言語を学ぶスピードはとても速く5歳までに第一言語の文法は問題無く使用出来る様になると言われてます。


そして年齢が13-14歳頃になると新しい言語を学ぶのが難しくなると言われてます。


この様なケースが過去にありました。あるフランス人の少女が両親から隔離されていて6年間も誰とも話す事も言語を聞く事も出来ない環境にいました。6歳の時に発見されて保護されたのですが、その後は約一年で年齢に沿った会話が出来る様になりました。(ひどい話ですよね・・><)


また、私は大学で第二外国語でスペイン語を取ったのですが非常に学ぶのが難しく大変でした。私は英語も日本語も勉強として学んだのでは無く自然に話せる様になったのでスペイン語の勉強方法が分からなかったと言うのがあるかと思いますが、もしも私が13歳以下の時にスペイン語の教室でも行ってたら苦労しなかったかと思います。


アメリカンスクールの幼稚園や英語に力を入れている小学校に通った事がある方は大人になってもネイティブの発音で英語がペラペラなのは年齢にも関係があるのですよね!


勘違いをして欲しくないのですが、年齢が13-14歳以上から語学を学び英語がペラペラになった方はたくさんいます。努力で言語の取得をクリアしてるのですよね!


ただ、お子様に英語等の新しい言語を学ばせたい方は、小さい頃からの方が本人にとってはるかに楽になります♪
posted by 島ちゃん at 13:07| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: