2017年11月16日

書店での洋書コーナー

本日、日本橋の某書店に行きましたら外国の方が英語で店員さんに何かを尋ねていて、「英語が出来ない」と何人もの店員さんが来て結局通じず彼女はエレベーターでお店を出ようとしてました。


何だか気の毒で話しかけたらフランス訛りのある方でおそらくフランス人、翻訳して店員さんに探している物を伝えました。


東京の真ん中の日本橋の大きな書店の洋書コーナーですよ。もう少し、社内研修で英語を取り入れたり、英語のアンケート等を作り伝えたい事が伝わる様な接客が出来ない物かなーと思いました。


これからどんどん外国の方が日本に来ます。このちょっとした違いで企業の売り上げが大きく変化するのではと思います。英語が通じるところは、ネットで外国人の方達が情報を流すでしょう。


旅行に行く人は基本的にはポジティブな人が多いと思いますので、「良い事は皆に広めたい・共有したい」と思うはずなのでサービス業は特に英語に力を入れるべきだとさらに感じてしまった本日でした^^
posted by 島ちゃん at 19:47| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: