2017年11月24日

映画「タッカーとデイル史上最悪にツイてないヤツら」で学ぶ英語



映画「タッカーとデイル史上最悪にツイてないヤツら」2010年の映画、ホラー・コメディーです。


これは私大ファンになりました!とにかく笑える笑える・・!英語は中級者〜レベルの方対象です。初級者はまず日本語字幕で観てから英語字幕に挑戦しましょう。


二人の男性が別荘で余暇を過ごすのに何故か大学生のグループに殺人鬼と勘違いされて様々なトラブルに巻き込まれて行きます。ホラーが全く苦手な人には少しキツイかも知れません。


それでは英語のフレーズを見て行きましょう!


開始10:35 I guess we should fix that. 直した方が良さそうだね。
〜した方が良いね、はI guess we should..と言います。他にI think we should.., We should better.., Seems we should.., と言う言い方もあります。
どれも意味は同じです。


開始50:57 What are you talking about? Where are they? 何の事を話してるの?他の人達はどこにいるの?
疑問文は全て語尾を上げると思っている方は日本人に多くいます。学生時代にその様に習った、とよく耳にしますがそれは間違いで下げる疑問文もあります。
What, Where, Why, Who, When, Howから始まる疑問文は語尾を下げます。映画の女性のセリフを参考にしてみて下さい。


開始60:00 This is important. これは重要なんだ。
英語では、強調したい事を言う時はその部分を強めに、ゆっくりめに言います。ここでは「これは」を男性が強めたいのでThis isをゆっくりと少し強めに発声してます。


爆笑をしたい方はTSUTAYAへGo!です^^
posted by 島ちゃん at 16:23| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: