2018年06月03日

英語のテキスト

本日は英語のテキストについて書きたいと思います^^


弊社の英語レッスンでは9割の方がテキストを使用してレッスンをしております。逆を返しましたら1割の方がメールの添削・フリートーキング・お仕事で使用する英語のロープレ等を行っております。


さて、英語のテキストですがどの様な物を使用しているかと言いますと現在は洋書のテキストを使用しております。


留学等のご経験が無い方は日本語の書いていないテキストを使用した事が無い方がほとんどかと思いますが、何故洋書を使用するのかと言いますと、一つの理由に私が日本人だからと言う事があります。


私が日本語が話せないイギリス人でありましたら日本語でのフォローが出来ませんがそうでは無いため出来るからであります。


二つ目の理由に、和書の英語のテキストが無いからです。似た様な物はあるのですが「ドリル」になり、それ以外は参考書になります。基本的に独学で行うテキストが中心で生徒様のニーズに答えている文献は見た事がありません。


三つ目に、洋書のテキストは面白いからです。ブラピやオバマ前大統領の事やデートでの失敗談、等面白おかしく洋書のテキストは書いてます。一方、日本の参考書は否定的な内容は避け、ただ真面目な事が書いてあるばかりで面白く無いのですよね。


私が英語のテキストを買う時は2時間位かけて探します。納得の行く物が無い時は購入せず、日本語の付いている良い文献は無いか何度も書店でチェックしましたが世界で一番売れている英語の文法本のGrammar In Useの日本語が英語と一緒に記載されている本しか納得出来ませんでした。


英語を今後頑張って勉強したい方は弊社の無料体験レッスンで生徒様に合うであろうテキストをレベルチェックの後で紹介しております♪


ご興味がある方は体験レッスンをご活用下さい^^
posted by 島ちゃん at 12:44| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: