2018年06月06日

色々な世界の歴史

本日はちょっとモヤモヤしていた事がすっきりしました♪


生徒様に感謝です!


何が起きたかと言いますと・・私事になるのですが私は世界史が好きで高校の時の社会は世界史を専攻していたのですがイギリスの現地校にいた時に学んだ歴史と少しギャップがある事を感じ、また映画オタクの私はイギリスにいた頃「ラスト・エンペラー」と言う中国の皇帝の映画を観たのですが日本では南京大虐殺の部分が削除されたと言う事が当時話題になりました。


そんな中、何年か前に竹島問題があり私が感じたのは「日本・韓国・中国は歴史の教科書に記載されている内容が違うのでは?」です。是非中国・韓国の歴史の教科書を読んでみたかったのですが私は韓国語も中国語も分からないため断念、この話を日本人の知人にしても明確な回答が得られませんでした。


日本人は憶測で話すんですよね。そして政府を信じてないため事実を分からない前提で話します。


この話を生徒様の韓国人にお話しましたら韓国の教科書に書かれている事、また彼女が中国人の友人にも話して中国の教科書もまた日本と韓国と違う事を教えてくれました。


詳細はちょとディープなのでこちらの記載は避けますが、まあ皆さまご存知の戦争に関する内容になります^^;


始めて生の声が聞けた事、ネットや新聞等に載る規制された内容では無く国民の本音が聞けた事、私を含めて国境を越えた考え方を知る事が出来た事・・


これこそネットや出版物には表面化されない対面での人とのやり取りだなーと改めて感じましました。


高校時代のバイトは飲食店、大学時代は家庭教師と塾の講師、前職は営業、現在は英語講師、とどうやら私は人と調節対面で触れ合う事が好きみたいです♪
posted by 島ちゃん at 22:31| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: