2018年07月23日

国による文化の違いと言語

暑いですね〜!こんなに猛暑が続くと体調管理も気を付けないといけないですね・・!こまめに水分補給しましょう。


さて、過去にもブログに書いた事がありますが私の英語レッスンは「英語を話す様になるためには英語圏の文化を理解しないと行けない」を信条にしております。



余談ですが上記のシリーズを最近ユーチューブで楽しんでます。


例えば・・イギリス人が日本人と会話するには日本独特の遠回しな言い方や柔らかい文化を理解しないといけません。


もっと言いますと、日本国内でもそうだと思います。


私は大阪で仕事をしていた時、普通に標準語で話していても何故か「キツイ」と言われ、もしタイムマシンがあれば当時に戻り何故かを伝えたい位です^^;関西の人ははっきりと言わないので「ボチボチ」やノーの代わりに「検討しますわ」と言うのですよね・・!


さて、本日は私が今まで出会った人達で「あ〜、文化が違うな〜」と感じた出来事を書きたいと思います。(私が言う文化の違いはその国の50%程度の人達の事です。例えば、日本人は真面目で働き者と言いますが、全員では無いですよね☆)


まず、時間を守らないと言われているスペイン人。今まで旅行した国で私はスペインが一番好きです^^食事は美味しいし、街並みは綺麗だし、人は良いし。本当にのんびりしているのですよね♪


大学で、私は第二外国語でスペイン語を受けていました。日本人の先生とスペイン人の先生がいたのですが、スペイン人の先生がいつも20~30分遅刻していました。教授がですよ!?遅刻する生徒を叱る教授が一度も時間通りに来る事はありませんでした。


ラテン系の人達は「現在」を大切にするのですよね。きっと、その時に授業より優先させたい事があったのでしょうね。


何年か前によく飲みに行ってましたカナダ人。Are you American?「アメリカ人?」と聞くとNo I'm CANADIAN「違う、カナダだよ」と声を荒げて、私だけでは無く飲み屋さんとかで他の人達から同じ質問されてもいつも同じ反応でした。香港と中国の様に、カナダの人達は同じにされるのを嫌がるのですよね。カナダ人かをアメリカ人に聞いてもここまで敏感に反応しないかと思います。


アフリカ人。私がたまに行くバーがあるのですがオーナーがガーナ人で奥さんが日本人でとても丁寧で心が日本人です。酔っ払いが絡んで来たり触ろうとすると出て行く様に言うオーナーさんで女性でも安心して飲めるバーです♪(どのお店が知りたい方はメールを下さい、英語の勉強にもなるお店です)たくさんのアフリカ系のお客さんが来るのですが、少し話すと「これからホテルに行こう」( ゚Д゚)と急に言います。


素直なんですよね・・^^;アフリカ人は考えてる事、言葉、が同じなんだろうなーといつも感じます。かなり前ですが、ホラー映画を友人と観に行き、何故か友人が途中でクスクス笑っていて映画が終わって何故かを訪ねました。


理由は、私の横に座っていた超マッチョな黒人が恐い画面になるとOh Jesus! Oh my God! と体を震わせてガクガクしていてその反応と外見のギャップが大きくて面白かったとの事・・!素直ですね〜!


本日は簡単にスペイン・カナダ・アフリカの特徴を書いてみました♪


posted by 島ちゃん at 16:33| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: