2020年01月12日

カルロス・ゴーンと中東飛行機墜落で見る報道



昨日、日本に到着しましたイギリス人のアテンド業務がありその時にイギリスではカルロス・ゴーンの事はどれだけ話題になっているかを聞いてみました。


すると・・


カルロス・ゴーン自体を知らなく、日産のCEOと伝えると「へー」との返答でした。


私の両親は昔証券会社に勤めており、私も独立する前までは金融関係の仕事をしてましたので世界の経済はいつも頭の中にあり、一般的にはゴーン氏の事はどの様に受け止められているのかな?と思いロンドン在住の友人に聞いてみました。


すると、イギリスではそれよりもメーガンとハリーの事の方が連日報道されてるとの事。(ロイヤルファミリーを引退する報道の事です)


また、昨日BBCをネットで観ていたら中東で墜落した飛行機の報道がされていて、日本のサイトを見たらされていなく本日の朝一のニュースで報道されていました。


うーん、情報過多の時代・・


戦時中は「行間を読め」と本当の情報を知るには頭を使う事が求められましたがそれが戻って来てるのかなー?
【関連する記事】
posted by 島ちゃん at 17:14| Comment(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: