2020年05月03日

日本語と英語の違い

yjimage.jpg


英語と日本語の違いですが、その特徴の一つに日本語は「動詞が最後に来る」と言う物があります。


例えば、「トムは私に向かって走った」。「走った」と言う動詞で文章が終わってます。


英語にしますとTom ran towards meと目的語である代名詞のmeで終わってます。


また、日本語には「助詞」があり、何かを表す時には名詞の後に来ます。


「ミワは学校にいます」助詞の「に」がミワはどこにいるのかを伝えています。


では英語だとMiwa is at school. と名詞の前に来ます。


そのため英語の前置詞、日本語の後置詞、と言います。


英語は難しいと感じている日本人はたくさんいますが、世の中にはもっと難しい言語はあります。ちなみに世界で一番難しいのは中国語と言われてます。


私は、日本人が英語に対する苦手意識があるのは日本人ならではの「謙虚さ」「恥ずかしがり屋さん」「間違えを恐れる恐怖」から来ているかと思ってます。実際、私の生徒様達も皆ご自分で思っている以上にレベルは高いのですがそうでは無いと否定される方が多いです。


私が大学生の時にスペイン人の教授が授業の時に我々生徒に聞いていたある言葉は今でも印象に残っています。


「スペインでは、自分の子供の事とか、実際そうではなくても大げさに言います。私の息子はもうとてもハンサムで頭が良くて世界一素敵なの!と。何故日本人は言わないの?」と。


日本人は自分を控えめに言う傾向がありますので自分の息子の事を「うちのバカ息子が」とか「気の利かない娘で・・」と言う傾向がありますよね^^;


この様に言語と文化は密接な関係にあるなーといつも感じます♪


posted by 島ちゃん at 17:31| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: