2020年07月06日

洋書をネット購入する時の注意

securedownload (4).jpg


洋書のテキストや本を購入する時、ネットでは私は主にアマゾンまたはネリーズを使用してます。


さて、アマゾンで洋書を購入する時の注意を書きたいと思います。


国内の本は新品と中古の大体の価格は固定または差がそんなにはありませんが洋書は別になります。


私が以前読んだ本でその本の続きが読みたく、一年程前に調べたら発送先がイギリスでしかも値段が当時4000円程で(文庫ですよ!)


本日、たまたま思い出しで調べましたら国内在庫で新品ですぐ届く物が260円、すぐ次に安い新品が8000円。。


中古での最安値が500円代・・


と洋書では謎の価格設定が起きる事があります。


おそらく需要と供給の問題かと思います。


以前、少し輸入業を行った事があるのですが日本に商品が付くと結構な税金がかかるのですよね・・


レッスンで洋書テキストを使用する時、アマゾン等で購入する方も多くいますが不安な方には私が適切なリンクを貼り付けたりするサービスも行ってますので不安な方は是非ご相談ください♪


※昔読んだ本で「アマゾンのロングテール」を思い出しました。10年以上前の本ですが、アマゾンが出現して書店の常識を覆した内容の物です。現実の書店では売れる物から売り上げが上がりますがアマゾンでは手に入らない物の方が売り上げが良いです。まさに今それが起きてますね!
posted by 島ちゃん at 19:54| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: