2020年11月24日

学生時代の生活D

download (8).jpg


http://englishlessonslove.seesaa.net/article/478634528.html

こちらは「学生時代の経験C」の続きになります。


高校の卒業式が終わり、春休みに入りました。


そうしたら同じクラスであったYちゃんの父親が亡くなったと連絡がありました。


彼女は同じ帰国子女のバイリンガルで高校時代に面白い繋がりがありました。


彼女はドイツの帰国子女で現地校では無くアメリカンスクールに通っていたためアメリカ英語のアクセントがある珍しい子で、ある時「ドイツのお兄ちゃん(的存在の友達)から手紙と写真が届いた!」と喜んでいて見せてもらったらロンドン時代の知人が一緒に写ってました・・!


これは帰国子女あるあるで、私は12年間ロンドンにいましたが多くの人たちは3-5年単位で日本に帰国したり違う国へ赴任したりするので、口コミで良い学校等が友人の友人と被ったりします。


話は戻して、彼女のお通夜へ行き当時のクラスメイトと担任の先生と再会して彼女が泣き崩れて私に抱きついて来たのは今でも覚えてます。


欧米育ちの私たちはハグの文化に抵抗が無いのですよね。


そして次の日に、お通夜に行けなかった別の友人が行きたいからと言う事で再び行きました。


その時はとても厳しく怖くて^^;有名だった学年主任の先生と仏教の先生が来てました。(私の高校は仏教でした)


その時に先生たちとお話して、過去に学校でシングルマザーの生徒が亡くなってしまった事があると・・女子生徒と弟しかいなく、しかもお金が無いためお坊さんが15分で帰ってしまった。


お坊さんの先生と学年主任は学校から木魚等を運び、お経も読みお葬式を完成させたとの事・・


卒業した後もここまで生徒を大事にする学校はそんなにないと思います。


感謝です♪


次回は大学生活になります。


貝adies&Gentlemen
島端美和 Miwa Shimahata
東京都中央区日本橋兜町17-2
TEL 03-6885-5602
https://www.queensenglishlessons.com/
info@ladiesandgentlemen.jp




posted by 島ちゃん at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: