2021年02月23日

英語の勉強方法の二つのパターン

how-good1.jpg

英語・英会話レッスンでご自分の上達する方法を知りたい方から質問を受けます時に、私はよく「中学時代得意な教科は何でしたか?」と聞きます。


ちなみに私は英語でしたが私の場合は帰国子女と言う事で勉強して覚えた訳ではありませんので、次に点数の良かった教科になります。数学になります。


中学時代に数学や理科が得意な人は理論的、国語や社会が得意な方は文学的な方になります。


例えば私の場合、物事を理屈で考えてしまいます。


よくある私と母の会話の一つですが、昔母が仕事で悩みがあり色々と私に相談して来ました。私は「〜すれば良いよ」「それは〜すれば?」とアドバイスしたのですが、最終的に母は「貴方は私の話だけ聞いてればいいの!」と切れてました(笑)


論理的に考える私と感覚的に考える母との典型的な会話ですね・・^^;


理数系が得意であった方は文法から入る事をお勧めします。Grammar in Use 等のテキストを使用して理屈から学ぶと力を発揮します。


余談ですがアロマが好きな私はアロマの世界の楽しさを英語で伝えるレッスンがしたく、当初色々勉強文献を調べて勉強したのですがアロマ検定一級を受験して合格しました。試験に受かるための勉強は感覚では無く理屈に基づいてますので、私に合った方法と確信してます!


学生時代、国語や社会が得意でありました感覚的な方は洋書をたくさん読み、文法よりもフレーズ・ヒアリングと言う感性を重視した勉強方法がお勧めです。


本日は大きく二つのパターンを書きましたがもっと細かく分類する事が出来ます♪


貝adies&Gentlemen
島端美和 Miwa Shimahata
東京都中央区日本橋兜町17-2
TEL 03-6885-5602
https://www.queensenglishlessons.com/
info@ladiesandgentlemen.jp
茅場町・日本橋駅徒歩5分




posted by 島ちゃん at 19:13| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: