2015年06月27日

受験英語の変化

国公私立大学の一般入試で、実用英語技能検定(英検)など民間英語テストの利用が広がっている。

 成績が一定レベルであれば英語試験を満点とみなして免除したり、英語試験の点数に加算したりする。文法・読解中心の受験英語から脱却し、実践的な英語力を問う方向の表れで、文部科学省も導入を促している。

 民間テストは、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能をバランスよく取り込み、より実践的とされる。大手予備校・河合塾によると、今春の入試までに民間テストを取り入れたのは27校。来春の入試については、5月末時点で青山学院大や東京理科大など9校が新たに導入を決めており、さらに増える見込みだ。

 関西学院大では2016年度から、米国などの大学で留学生選抜に使われるTOEFL(120点満点)で72点以上、英検で準1級以上などの成績を収めていれば、大学入試センター試験を利用した入試で英語を課さない方式を全学部で始める。立命館大の国際関係学部では、300点満点の英語試験を課すが、このうち100点分は民間テストの成績に応じて80〜100点とみなす方式を導入する。

最終更新:6月27日(土)18時45分

読売新聞


上記は読売新聞の記事です。今までの日本での英語教育では通用しないと気付いた学校が増えたと言う事ですね、英語が話せない人は就職先にも困る時代になりましたので大学側も必死です。


私が学生の頃は「受験英語」と言い、実践的では無い受験独特の英語が入試でよく使用されておりましたが時代は実践英語に向かってますね。


その方が世界で通用する生の英語になります^^
posted by 島ちゃん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

個性を知る

人間には長所と短所がありますが、ご自分の長所を知ると英語上達の近道にもなります。


例えば・・私の場合は何か目的があると燃えるタイプです。


高校時代、勉強が好きでは無かった私はアルバイトばかりしていて親泣かせの勉強をしない子供でした。


三年生になり、大学に行きたいなと思う様になり、受験のために猛勉強を始めて担任が驚く程成績が上がりました。


それとは逆で、普段からコツコツと決められた事をするのが得意と言う方もいて、高校時代の友人でも推薦で名門大学に進学した人もいます。


目的があると燃える人はTOEICや英検等を目的としたり、コツコツと楽しみながら取り組む方が良い方は日々少しづつ決まった量をこなす方法が上達するでしょう晴れ


また、テキストも同じ事が言えます。ご自分のレベルより少し難しい方が頑張るタイプと基礎を固めるため少し易しい方が得意なタイプに分かれます。


ご自分の個性を知ると英語の役にも立ちますよ♪


ご自分の事がよく分からない方は受験やお仕事等、何かをどの様に乗り越えたかを振り返ると分かるかと思います^^


posted by 島ちゃん at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

英語上達を自分で実感するには?

英語のレッスンを継続しますと、確実に上達します!


すればする程、英語力が低下する事は絶対にありませんのでコツコツと継続する事が何より上達します^^


とは言っても、どれ位上達してるか知りたいし気になりますよね♪


資格試験の合否や点数は一つの基準になりますが、実は英会話の場合はある事が出来る様になると英語脳になって来ていると言えます。


それは数字を英語でスラスラ言える事です。


咄嗟に、携帯番号や職場の番地を聞かれた時、日本語の数字がつい口から出てしまう事があるかと思いますがこれが訳せずに英語で言えましたら「英語脳」になって来ていると言えます♪


posted by 島ちゃん at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

TOEICで必要な点数

英語の資格にTOEICがありますが、多くの企業が受験する事を義務付けてます。


楽天では2年前に800点無い役員は首にすると発表して、役員10人は必至で勉強をしました。


また、2016年には全社員が800点以上を取る事が義務付けられています。


TOEICにこだわるあまり、会話が出来ないのに点数だけ良い社員が増えた企業も多く問題になったため、現在はTOEIC+会話力がある人材が求められています。


起業で働くのに、私個人的にはTOEICは500点は必要かなと感じます。


もちろん外資系や業種、国際的な取引があるかによって変わりますが、普通の日本企業で仕事で現段階で英語を使用しなくても500は必要かと思います。


と言うのも、現在は急に外資系に買収されたり、急に外国の方から問い合わせがあったりメールが届く時代でありますので最低これだけは欲しいと思います。


TOEICは400点の人が500点台に行くのと800点の方が900点台に行くのでは難易度が違いますので、英語が苦手な方はとりあえず500点台を目指すのが良いかと思います!
posted by 島ちゃん at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

英語教育改革へ有識者会議設置



先進国の中でこれだけ英語が話せない人が多い国は日本だけと言われてますので、教育を根本から変える必要がありますよね・・目


アジアで一番TOEICの点数が低いのがカンボジアでその次が日本です。。


ただ、将来は英語教育をキチンと受けた新入社員が入社をしてくると言う事にもなります。


手遅れにならない様に、早いうちからの勉強をお勧めします。

posted by 島ちゃん at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

英単語のカード

お子様向けの英単語のカードを販売するミーティングを今朝行いました。


先月発売予定だったのですが、少し遅れてます。


クスッと笑える可愛いイラストを使用した発音強化・単語暗記用のカードで、現在デザイナー様にデザインをお願いしております^^


そして、親御様がお子様に英語を教える方法を動画でお伝えします。


大人の方も勉強可能です。


完成しましたらこちらでアップさせて頂きますねー♪
posted by 島ちゃん at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

英語義務教育の変化

中学校の英語教育が、100%英会話での授業になるとの発表がありました。


とても良いシステムだと思います、若い内は何でも吸収し易いので子供には英会話が出来る近道になるでしょう!


ただ、大変なのが英語教師ですね。。


導入が数年先なのは、教師の会話力のレベルアップを考慮した期間を設けたためだと思います。


日本人が英会話が苦手なのは、義務教育での英語教師の教え方であるとも言われています。


ま、導入までに教師の質も大きく変わり英語力のある学生さんが多くなるはずです。


将来、英語力のある新入社員がある日、勤めている会社に入社する・・と言う事でもあります。


英語とPCは早い内に学んだ方が良いと思います、私も学生時代もう少し勉強しておきたかった科目があります。


それは数学で、プログラミングが私は出来なく、もう少し勉強していれば出来たはず・・><と思ってます。


いつか英語を学びたい・・と思ってる方へ・・


今でしょ♪(笑)
posted by 島ちゃん at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

独学での英語勉強方法

常に英語に触れる事はとても大事です^^


私も常に英語に触れてレベルを落とさない様にしています。


では何をしているのか・・


私は本が好きなので、興味深い本を書店で見つけて外国の本を日本語訳している物でしたら洋書バージョンを買います。


2050年に世界がどうなっているのか・・と言う本があり、英国からの書籍と知り洋書を購入しました♪


本日届き、読むのが楽しみです!

2013041318540000.jpg


興味のある分野でしたら、読むのが楽しくなります。


また、聞く事も重要です。


時間がある時は少しでも英語の映画を見ます。


つい吹き替えの方が楽なので、そっちを選んでしまう・・と言う方はお気に入りの役者さんの映画を字幕で見る様にしましょう!


そして、慣れて来ましたら英語の字幕で見ましょう!


ちなみにHuluと言うサイトhttp://www2.hulu.jp/はとてもお勧めです。


月額980円でたくさんの映画が見放題です。





posted by 島ちゃん at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

英文法の必要性

英語を話す・書く際、文法は大事です。


日本で国語の授業がある様に、英語圏の学校でももちろん英語の授業があります^^


話す英語と書く英語は違いますので、文法を学びます。


そして、小学校から筆記具はボールペンまたは万年筆です。


現地の学校は、宿題や授業でもレポートや作文を書く事が多いので、その文章で文法の間違いが多ければ評価が低くなります。


また、難しい単語を覚える事も求められます。


ただ、会話となりますと文法をそれ程気にせず話していますので会話をする際は「正しい英語」をそれ程意識しないで「通じる英語」を意識した方が良いと思います♪


逆に、イーメール等で英語が必要な方はきちんとした文法で書きましたら、相手側から「この人は素敵な文章を書く!」と喜ばれるでしょうね・・!
posted by 島ちゃん at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

留学制度




入社前に留学と言う事は、英語が出来る状態で入社して下さいと言う意味ですね・・!


確かに入社してから留学をさせる企業は今までありましたが入社前は初めて聞きました。


他の企業もこのシステムを真似たら話せる新卒がどんどん入社して来ますね。


私の父も大学卒業後入社してから留学して、初めて私と会ったのが英国で私が2歳の時らしいです。


記憶は全くありませんが・・^^;
posted by 島ちゃん at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする