2019年04月13日

英文翻訳レッスン

images (1).jpg

今週は翻訳の仕事が急遽入り、英→日の医療関係の翻訳のお仕事を行いました♪


ビジネスに前向きな方は本やwebを色々調べているかと思いますが洋書や英語のサイトに辿り付きます。


日本語のみの資料やサイトは日本人しか作成した物しか無く、英語の物はその何十倍にもなりますので(日本語は日本の一か国でしか使用されておりませんが英語は約50か国です)よりご自分の追及したい物を追うと英語の物になります。


英文の翻訳を頼みたい、でもプロに頼むといくらかかるか不安・・と言う方はまずはご相談下さい^^確かに何10枚の紙を翻訳しましたら大きな金額になります。弊社では本契約の前に一度お会いしましてご予算・締め切り・内容等の確認をさせて頂き、実際に過去の翻訳を行いました資料を見て頂き、ご納得の頂いた方に翻訳をさせて頂いております。


例を上げますと・・レッスンの時に翻訳の方法を知りたい!と言う方にはその方法を教えるレッスンをしております。


レッスンの時間に一緒に翻訳を手伝って欲しい!と言う方には一緒にお手伝いしています。


目的・予算・時間等、それぞれ違うかと思いますので出来るだけ生徒様のご要望に沿った形を心がけております。


ご連絡先は
info@ladiesandgentlemen.jp
03-6885-5602
https://www.queensenglishlessons.com/
です♪


※GW英語短期集中レッスンへのお申込み、今年は大変多くなっております^^ありがとうございます!本年は10連休と言う事もありまだ受け付けをしておりますのでご希望の方はまずは無料体験レッスンをお受け下さい♪詳細はこちらからどうぞ!





posted by 島ちゃん at 19:56| Comment(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

マドンナのスピーチの和訳A



マドンナのスピーチの訳の第二弾です!


“Be what men want you to be. But more importantly, be what women feel comfortable with you being around other men. And finally, do not age. Because to age is a sin. You will be criticized, you will be vilified, and you will definitely not be played on the radio.”
「男性がして欲しい人でありなさい。でももっと大事なのは貴方が他の男性と一緒にいるのを女性が心地良く思える人でいる事なの。そして、歳をとっては行けないの。それは年齢を重ねる事は罪でありバカにされるから。メディアに色々書かれて間違い無くラジオからも消されるのよ。


“When I first became famous, there were nude photos of me in Penthouse and Playboy magazine. Photos that were taken from art schools that I posed for back in the day to make money. They weren’t very sexy.”
「私が始めて有名になった時、ペントハウスとプレイボーイ誌に私のヌードが掲載されたの。お金を稼がなくては行けなくて美術学校でヌードのモデルの仕事をした時の物であまり色気は無い物でした。」


“Eventually I was left alone because I married Sean Penn, and not only would he would bust a cap in your ass, but I was off the market. For a while I was not considered a threat. Years later, divorced and single − sorry Sean − I made my Erotica album and my Sex book was released. I remember being the headline of every newspaper and magazine. Everything I read about myself was damning. I was called a whore and a witch. One headline compared me to Satan. I said, ‘Wait a minute, isn’t Prince running around with fishnets and high heels and lipstick with his butt hanging out?’ Yes, he was. But he was a man.
「そしてね、ショーン・ペンと結婚したから私はようやくメディアから解放されたの。彼も大変だったけど既婚者となりしばらく注目されなくなったけど数年後に離婚して独身に戻りました。ショーン、ごめんね!(ネタにして)私はエロティカのアルバムを作りセックスブックは出版されてどの新聞・雑誌の一面に掲載されたのをよく覚えています。どれを読んでもダメ出しで私は娼婦か魔女として書かれていてある題目は私を悪魔と比較してました。私は(ちょっと待ってよ、Princeは網タイツとハイヒールと口紅で着飾っていてお尻を突き出していない?)と言いましたがその通りなのです。ただ、彼は男性なのです。


“This was the first time I truly understood women do not have the same freedom as men.
「この時に、私は本当に理解しました。女性には男性と同じ自由は無いのです。」


“People say I’m controversial. But I think the most controversial thing I have ever done is to stick around.
「人は私の事を悪影響を与える支配者と言います。でも私が一番した支配的な事はこだわる事位と思います。」


[Crowd applause]
拍手


“Michael is gone. Tupac is gone. Prince is gone. Whitney is gone. Amy Winehouse is gone. David Bowie is gone. [pause] But I’m still standing.”
「マイケル、タパック、プリンス、ウィット二―、アミ―・ワインハウス、デビッド・ボウイは亡くなりました。でも私は今ここで立っています。」


[Crowd applause]
拍手


“I’m one of the lucky ones and every day I count my blessings.
「私は幸運人の一人で毎日神に感謝してます。」


“What I would like to say to all women here today is this: Women have been so oppressed for so long they believe what men have to say about them. They believe they have to back a man to get the job done. And there are some very good men worth backing, but not because they’re men − because they’re worthy. As women, we have to start appreciating our own worth and each other’s worth. Seek out strong women to befriend, to align yourself with, to learn from, to collaborate with, to be inspired by, to support, and enlightened by.”
「私が今日ここにいる全ての女性に言いたいのはこれなの。女性はあまりにも長く洗脳されて来たから男性の言っている事を全て丸飲みしてしまうの。女性は仕事を充実させるために男性を立てないと行けないと思い、確かにその価値がある人はいるわ。でもその人達は男性だからでは無くその価値がある人だからなの。女性として私達はこれからお互いに認めて感謝して強い女性と友情を結び自分を高めて学び、協力して、刺激を受けて助け合い、互いに上昇しなくて行けないの」


“It’s not so much about receiving this award as it is having this opportunity to stand before you and say thank you. Not only to the people who have loved and supported me along the way, you have no idea…you have no idea how much your support means.”
「この賞を頂いてこの様な事しか話せなく貴方達の前で感謝の言葉しか言えないのは本当に申し訳無い気持ちです。私を支えてくれた人達はもちろんですが・・皆さまの支えがどれだけ私の助けになったのかは想像出来ないかと思います。」


[Starts tearing up.]
涙が流れる


“But to the doubters and naysayers and everyone who gave me hell and said I could not, that I would not or I must not − your resistance made me stronger, made me push harder, made me the fighter that I am today. It made me the woman that I am today.
「でも懐疑的・否定的・地獄を見させた人達・・貴方達は私を強くして頑張りを与えて今の私と言う健闘家w作りました。今の私と言う女性です。」

“So thank you.”
「本当にありがとう」
posted by 島ちゃん at 18:26| Comment(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

マドンナのスピーチの和訳@



[Anderson Cooper introduced Madonna and thanked her for giving him faith during his years as a gay teenager. Madonna accepts, adjusting microphone stand between her legs.]
アンダーソン・クーパーはマドンナを紹介して同性愛者支援者として感謝しました。マドンナは受け入れてマイクのスタンドを足の間に置きました。

“I always feel better with something hard between my legs.”
「私は足の間に何か硬い物があると心地良いの」

[Crowd laughs.]
爆笑

“I stand before you as a doormat. Oh, I mean, as a female entertainer. Thank you for acknowledging my ability to continue my career for 34 years in the face of blatant sexism and misogyny and constant bullying and relentless abuse.
「私は貴方たちの前で敬意を示してとして立っています。あ、女性のエンターテイナーとしてね。34年間、お行儀の悪い、嫌われている性のシンボル、いつも支配的で冷酷ないじめ役としてのキャリアを認めてくれてありがとうございます。


“It’s mind-blowing to be honored like this after the very public year I’ve had. I feel stuck, and I feel sad. And quite frankly, today I feel bloated.
「色々とありました年の後にこの様な賞を頂けるのはとても驚きで私は行き詰って悲しいと言う感情があります。本当の事を言うと本日は気分が悪いです。」

[Crowd laughs]
爆笑


“I didn’t really feel like standing up and getting an award − I didn’t feel worthy of that. But I knew I had to drag myself out of my bed, put on my boots and walk up here and say thank you to you guys.”
「私は立ち上がって表彰されるなんて思いませんでした。その価値があるとな思いませんでした。でも布団から出てブーツを履きここまで歩き皆さまに感謝を伝えないといけないと思いました。」


“I started off in a difficult time. People were dying of AIDS everywhere. It wasn’t safe to be gay, it wasn’t cool to be associated with the gay community. It was 1979 and New York was a very scary place.
「私が活動を始めたのは大変な時期でした。人はそこら中でエイズで亡くなっていました。同性愛は安全では無く同性愛のコミュニティーに属する事は良いとされませんでした。当時は1979年、ニューヨークはとても恐い場所でした。」


“In the first year I was held at gunpoint, raped on a rooftop with a knife digging into my throat. And I had my apartment broken into and robbed so many times I just stopped locking the door. In the years that followed, I lost almost every friend I had to AIDS or drugs or gunshot.
「暮らし始めて最初の年、私は銃で脅されナイフを喉に突き付けられながら屋根で強姦されました。そしてアパートは何度も開けられ空き巣の入られたので鍵をかけるのを止めました。そして何年か後にはほとんどの友人をエイズ・ドラッグ・銃で亡くしました。」


“I remember feeling paralyzed. It took me a while to pull myself together and get on with my creative life − to get on with my life. I took comfort in the poetry of Maya Angelou, and the writings of James Baldwin, and in the music of Nina Simone. I remember wishing I had a female peer I could look to for support. Camille Paglia, the famous feminist writer, said I set women back by objectifying myself sexually. So I thought, ‘oh, if you’re a feminist, you don’t have sexuality, you deny it.’ So I said ‘fuck it. I’m a different kind of feminist. I’m a bad feminist.’
「心が分裂するのを感じて自分を元通りにして自分の人生を創造的にするのにしばらくかかりました。マヤ・アンジローの詩とジェームズ・ボルドウィンの文章とニナ・シモンの音楽が私に安らぎを与えてくれました。
心の支えになれる女性の仲間がいてくれたらと願っていた事を覚えてます。著名なフェミニストライターのカミール・パジアは私に性を全面的に出す事により女性を性の対象として意識させると言い、私は(フェミニストは性が無くて否定するのね)と思い私は(ふざけるな!私は違うタイプのフェミニストで私は悪いフェミニストなの!)と言いました。


“I realized that I could not be a victim any longer. That everything happened for a reason. And my job was to learn from every shitstorm I wandered into.”
「私はもうこれ以上被害者ではいたくないと思い、全ての事は原因があり生じたとと気づきました。そして私の入り込んだ全ての出来事から学ぶ事となりました。」


‘As you can imagine, all these unexpected events not only helped me become the daring woman that stands before you. But it also reminded me that I am vulnerable. And in life, there is no real safety except for self-belief. And, an understanding that I am not the owner of my talents.
「分かると思いますが、これらの驚く様な出来事が今の私を作ったのですがそれだけでは無く私がどれだけ弱いのか思い知らされました。そして人生は自分を信じると言う事だけが本当の安全であり私の才能は私から来ているのではありません。」


“I was of course inspired by Debbie Harry and Chrissie Hynde and Aretha Franklin, but my real muse was David Bowie. He embodied male and female spirit and that suited me just fine. He made me think there were no rules. But I was wrong.
「私はもちろんデビー・ハリー、クリシー・ハインドとアレサ・フランクリンに感銘を受けましたが一番はデビッド・ボウイでした。彼は男性と女性の精神を統合させて私と考えがとても合っていて世の中にはルールが無いと考えさせました。でもそれは間違いでした。」


“There are no rules − if you’re a boy. If you’re a girl, you have to play the game. What is that game? You are allowed to be pretty and cute and sexy. But don’t act too smart. Don’t have an opinion. Don’t have an opinion that is out of line with the status quo, at least. You are allowed to be objectified by men and dress like a slut, but don’t own your sluttiness. And do not, I repeat, do not, share your own sexual fantasies with the world.
「貴方が男の子だったらルールは無い。女の子だったら、ゲームをしないといけないの。そのゲームとは?女子は可愛くてセクシーでいる事が出来て、でもあまり賢い行動をしては行けないの。意見を持っては行けなく、また違う意見や自分を高める意見はなおさら言ってはいけない。男性から指示されるのは良くて着飾るのは良いけど本当の脳無しにはなっては行けない。そしてここは覚えておいて下さい。自分の性の良さを世界と共有しては行けない。」


これは訳の位置部分です。長いのでまたの機会に残りを訳したいと思います。


こちらのサイトhttp://www.billboard-japan.com/d_news/detail/45315/2
にも大まかな内容な記載されていますがシマハタミワ的な訳は上記になります♪
posted by 島ちゃん at 14:30| Comment(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

洋楽I Feel Loved - Depeche Mode での英語勉強



Depeche Modeと言うバンドのI Feel Lovedと言う歌です。イギリス人です。
この歌はゆっくりと歌われていて、難しい単語もあまり使用されてませんので洋楽を通して英語を上達させたい英語初心者の方からお勧めです。


それでは歌詞を読んで検証して行きましょう。


It's the dark night of my soul
And temptation's taking hold
But through the pain and the suffering
Through the heartache and trembling

Soulとは魂の事を言います。大親友の事をソウル・フレンドと呼ぶのはそのためです。
Temptationは誘惑、take holdは熟語で「強まる」と言う意味です。これは覚えてしまいましょう。ここでは現在進行形のtakingなので「今強まっている」と言う意味になります。
Butが出て来ました。この単語は「しかし」と言う意味なのでbutの前と後ろでは逆の意味になります。この歌詞ではbutの前は良い内容が書かれてますので後はそうでは無い事が書かれている事が分かります。
Painは痛み、sufferingは耐える事・忍耐、heartacheは心の痛み、tremblingは震え、と後半はやはり否定的な単語がたくさん出て来ます。

I feel loved (x2)

Lovedはloveの受身になります。英文法では過去形と受け身にはedを付けますが違いの識別はfeelガ現在形なので過去形では無いと分かります。過去形はI felt lovedになります。

As the darkness closes in
In my head I hear whispering
Questioning and beckoning
But I'm not taken in

Darknessは暗闇と言う意味です。多くの英単語で名詞はnessで終わります。Darkだと「暗い」と言う形容詞になります。Close inは「徐々に迫る」と言う熟語です。これも覚えてしまいましょう。
Beckoningは合図している、と言う意味です。
Butがまた出て来ました。前は良くない内容でしたので後は良い内容となります。

I feel loved (x2)

(I feel loved)

From the depths of my emptiness
Comes a feeling of inner bliss
I feel wanted, I feel desired
I can feel my soul on fire
I feel loved (x8)

Depthsは深さ、emptinessまたnessで終わる名詞が出て来ました。空虚さ、と言う意味です。Emptyだと「空」と言う形容詞です。
Blissは楽しさと言う意味で、innerは「中の」です。
Wanted, desiredまたここでも受身の動詞が出て来ました。欲せられたい、情熱を感じる、と言う意味です。


さて、英語の説明を書きました。よろしければ何回か聞きながら勉強してみて下さいね!日本語訳は下記に記載しますね^^


今僕の魂は暗い夜にあります、そして誘惑はどんどん強まって来ています
しかし痛みと忍耐、心の傷と震えを通じて・・

愛されていると感じてます

暗闇が徐々に迫ってくると僕の頭の中には囁き・質問・手招きが聞こえてくる
でも僕は受け入れません

愛されていると感じます

僕の中の空虚さの深さから、楽しみの感情が沸き出て来ます
必要とされていると感じたい、また情熱を感じるよ

愛されていると感じます×8回
ラベル:洋楽
posted by 島ちゃん at 17:00| Comment(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

懐かしいクリスマスの洋楽



もうすぐクリスマスです。実はクリスマスイブは弊社の設立日なのですよね。


そしてユーチューブにこんなに懐かしい映像が・・!


1984年にイギリスで誕生したエチオピアの貧困者に向けたチャリティーの歌です。


80年代のヨーロッパの洋楽好きな方にはたまらないメンバーですね!当時イギリスで爆発的にヒットしていつも流れてましたね。


さて、洋楽は好きだけど意味が分からないと言うお声をよく頂きます。本日はこの歌詞を訳してみましたので意味を知りながら聞くと倍感動しますよ^^


It's Christmas time, and there's no need to be afraid
At Christmas time, we let in light and banish shade
And in our world of plenty, we can spread a smile of joy
クリスマスの時期です、何も恐れなくても良いのよ
クリスマスの時期はね、陽を入れて陰を消します
満たされている私達の世界では楽しみの笑顔を拡散する事が出来ます

Throw your arms around the world
At Christmas time
腕を世界中に広げましょう
クリスマスの時期にはね

But say a prayer and pray for the other ones
At Christmas time, it's hard but while you're having fun
There's a world outside your window, and it's a world of dread and fear
Where a kiss of love can kill you, and there's death in every tear
And the Christmas bells that ring there are the clanging chimes of doom
お祈りを言葉にしてして人々に祈りましょう
クリスマスの時期にはね、言い難いけどあなた達が楽しい想いをしている時にはね
絶望と恐怖の世界が窓の外の遠い世界にあるのです
愛のキスが人を殺したり全ての涙が死を意味したりと言う世界があり
そこではクリスマスのベルでは無く死の鐘が鳴ります

Well tonight we're reaching out and touching you
今夜、私達は手を伸ばして貴方達に触れます

Bring peace and joy this Christmas to West Africa
A song of hope they'll have is being alive
Why is comfort deadly fear
Why is to touch to be scared
How can they know it's Christmas time at all
今年のクリスマスは平和と楽しみを西アフリカに送りましょう
彼ら・彼女達が受け取る希望の歌は生きています
何故、快楽が死への恐怖で
何故触れる事が恐れを導くのか
彼ら・彼女達はクリスマスの時期だと言う事を知る事が出来ないのです。


Here's to you
Raise a glass to everyone
Here's to them
And all their years to come
グラスの乾杯であなたに幸せを送ります
西アフリカの人達へもすばらしい年が来る様に想いを送ります

Can they know it's Christmas time at all
クリスマスの時期だと分かる様な世界になって欲しいですね

Feed the world, let them know it's Christmas time again
Feed the world, let them know it's Christmas time again
Heal the world, let them know it's Christmas time again
Feed the world, let them know it's Christmas time again
Heal the world, let them know it's Christmas time again
Heal the world, let them know it's Christmas time again
Feed the world, let them know it's Christmas time again
Heal the world, let them know it's Christmas time again
Heal the world
世界に食料を提供しましょう、そしてクリスマスが再び来たと感じてもらえる様な世界にしましょう
世界を癒しましょう、そしてクリスマスが再び来たと感じてもらえる様な世界にしましょう

ラベル:洋楽 クリスマス
posted by 島ちゃん at 15:57| Comment(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

年金手続きで使用する英語

海外で昔働いていた人は、年金をある一定の年齢になると受け取れるのはご存知ですか?


本日はその手続きを行いました。日本もそうですが受給の金額や内容等、変化しますので手続きを行う際はきちんと調べておく必要があります。


分かり難いところがありましても問い合わせますと丁寧に答えてくれます。今はメールがるので便利ですよね!バブルの時働いていた人達は海外で連絡を取るのに夜中に起きて電話したりと大変だったのですよ!


また、海外の年金事務所は年金番号の管理がしっかりしていて日本の様に「紛失した」などありえないので(苦笑)番号がご自分で分からなくても大丈夫な場合がほとんどです。


英語圏の年金受給の手続きをしたいけど書類の意味が分からない、年金事務所のホームページの意味がよく分からない、等のお悩みをお持ちの方はご相談下さい^^


英語レッスンで意味をお伝えする事が出来ます。もちろん、万が一受給額とか分かってしまっても個人情報は厳重にお守りします。
posted by 島ちゃん at 15:34| Comment(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

英文翻訳のミーティング

本日は午前中、ミーティングで港区芝へ!昔近くに住んでいて、また職場も浜松町でしたので懐かしい!あまり変わっていないなーと感じました。


今月20日にはスタートする外国の旅行者向けのシェアルーム、英文のやり取り・翻訳業務を手掛けます。


お友達で海外から日本に観光で来られる方で宿泊施設をお探しの方にピッタシですよ♪


さて、ミーティング後美味しいランチを頂きました。

securedownload (9).jpg

特にかき揚げが美味しかったです♪どれも出来立てで熱々、時間は少しかかりますが食べて良かったです。ちなみにかき揚げの具はとうもろこしと枝豆です。夏ですね〜♪

posted by 島ちゃん at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

翻訳業務の特徴

本日、翻訳のお仕事で新たな依頼がありました。


今回は、アメリカで行うプレゼンテーションの資料の翻訳です。


本日は、弊社の翻訳サービスの特徴について触れたいと思います。


弊社の翻訳は、ネイティブの方と私との二人一組で行います。


そして、翻訳は日本語→英語はネイティブ側から見て不自然では無い英語、また英語→日本語は日本人から見て不自然では無い日本語として訳します。


つまり、ただ翻訳するだけでは無く、「ビジネスでこの言い回しは避けた方が良い」「この言い方では相手に誤解される」等の細かな文化や習慣の違いも踏まえた翻訳を行います。


そのため、ネイティブと日本人の二人一組で翻訳を行っております。


二人ともビジネス経験豊富な起業家なので、ビジネスでのマナーは人一倍兼ね備えております^^


金額はA4を一枚で4000円ですが、文字数によりディスカウントする事もあります。上限が4000円です。


ご興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい!
posted by 島ちゃん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする