2018年06月16日

英語ヒアリングの大切さ

私の英語レッスンでは、生徒様に対してとにかくたくさんヒアリングをたくさん行う様にお伝えしています。ヒアリングは独学でも出来ますので、テキストの音声を聴いたり、洋楽を聴いたり、洋画を観たりとお勧めしています。


さて、何故そこまで聞く事にこだわっているのか?と言う事ですがちゃんとした根拠があります。


人は生まれる時、まず「オギャー!!」と叫び最初に人の声を聞きます。


たくさんの言葉を聞き、その次に話す様になります。


その後読む力が付き、そして書く事が出来る様になります。


聞く事と話す事は脳で結びついており人は聞いた事が無い言葉は話せないと言われております。日本人が聞き取れない英語の発音と言うのがあるのですが、(thやrの発音)それは日本語には無い発音だからになります。ただ、訓練をすれば聞き取れる様になりますので、そのためたくさんの英語を聞く事をお勧めしてます。


どんなに教育を受けていなくても言葉を話せない人はいませんよね。それは人は「聞く事」「話す事」を最低限行っているからになります。


また、私は子供の頃はイギリスにいたのですがある時日本語が話せなくなり、日本人と会話しても伝わらない時がありました。


おそらく自宅以外では日本語を聞かなく聞く事も話す事も全て英語だからであるかと思います。と言うかそれ以外考えられません^^;


中学三年からを日本で過ごしたのですが当初は話す速さが速すぎて何を言っているか分からないとよく学校で言われました。現在はその様な事はありませんので耳が慣れてそれが言葉にも伝わる様になって行ったのでしょう・・!ご安心下さい(笑)


この様な理由と自分の経験から英語を上達させるにはヒアリングをたくさん行う事をお勧めしてます♪
posted by 島ちゃん at 16:36| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

日本人の英語の発音



本日は発音について書きたいと思います。


あるイギリス人の英語講師の動画を見つけました。彼女は主にスペイン・イタリア人に英語を教えている様で、よく生徒が間違えている発音を説明しております。


私は日本人に英語を教えていますが、彼女の指摘している間違いは日本人がしてしまう発音の間違いと全く同じです。何故日本人とスペイン・イタリア人のミスが同じ?と思うかと思いますが日本人は英語を学ぶ前に「ローマ字読み」と言うイタリア・スペイン語の読み方を学ぶので同じところの発声を間違えてしまうのですよね。


例えば・・英語では単語の最後にeが来るとそれを発声しません。例えばKateと言う名前ですがラテン語読みだと「カテ」になります。英語だと「ケイトゥ」です。ブランドHermesは「エルメス」ですが英語読みだと「ハームズゥ」になります。


英語圏の人達はローマ字読みを一般的に子供の頃に学ばないので「何故そんな発音を?」と首をかしげます。女優のペネロペ・クルスの英語が典型的なスペイン語訛りの英語です。


発音矯正に私がお勧めしております勉強方法の一つに「フォニックス」があります。アルファベットを音で発声して、聞いて、覚える方法です。例えばAは「エイ」と読みますが発音はもう一つ、「ア」と言う発音が有ります。Acorn「エイコーン」(どんぐり)Axe「アックス」(斧)と読み方が二種類あり、この様々な読み方を反復して覚える方法です。


英語は継続して勉強しましたら必ず上達します!楽しみながら続けるのがコツです^^


posted by 島ちゃん at 10:39| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

上級者向け英語の動画



ナチス迫害を受けた女性のインタビュー動画です。


英語レベル上級者〜向けです。字幕が無く、少し訛りのある英語のため上級者対象としましたが使用している英語が難しい物では無くスピードもそんなに速くありませんので繰り返し聞きましたら中級者の方でも大丈夫です!


先日ナチス迫害の本を読んでから色々とネットで調べていましたらユーチューブにも色々アップされこちらの動画に辿り付きました。


涙無しでは見られません><


そして、ご自分の辛い経験を話せるこの方に尊敬です、とても勇敢な強い方です。


弱い方・・と言うか普通の人は辛い事は忘れたいので話さないかと思います。自分がもし逆の立場でありましたら話せる自信がありません。


二度と繰り返してはいけない事ですね。南北朝鮮の外交も話題になっている今、改めて平和を祷ります。
posted by 島ちゃん at 12:25| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

英語が上達する方法

英語を学ぶ生徒様達からよく聞かれます質問の一つに「どの様な方が上達しますか?」があります。


色々な方がいますが、その一つに「真面目過ぎない」があります。


例えば、日本で東大に入るには真面目にコツコツ勉強をする必要があるかと思います。ただ、それは「東大に入学する」と言う目標を持った方には有効かと思います。


では、英語を学びたい方は「英語で会話がしたい」「ビジネスに活かしたい」「海外旅行で楽しみたい」等の目標なので必死に読み書きを勉強してTOEICのスコアは上がっても目標と少し違う上達になってしまうのですよね。


少し脱線しますが、日本の教育って先進国の中では変わっていてイギリスのオックスフォードやケンブリッジ大学、アメリカのハーバードに入学するには勉強の他にどれ位ボランティア活動をして来たか、それ位委員会に参加したか等の勉強以外も合否基準になります。東大は勉強だけ出来れば合格しますので日本の大学はそこら辺も改革するべきかと思います。


さて、英語上達の話に戻しまして英語の勉強を受験勉強の様に真面目に勉強してしまいますと英語が嫌になってしまうのですよね。


私の友人で京都大学を卒業した人がいるのですが、その友人は色々な事を学び新しい事を吸収するのが楽しくて気が付けば成績が良くなり京都大学に進学したとの事。一方、好きでは無いのに親の躾等で無理やり勉強をさせられて高学歴になった人でおかしくなってしまった人も何人も知っているとの事・・はい、私もその様な方は知っています。


でも英語・英会話が出来ないと時には凹みますよね・・!私の生徒様はいつも私がお伝えしている事なのでご存知かと思いますが・・


「今テキストのこの設問が分からない><」と落ち込むよりも「これが一冊終われば私って上達するんだな!」と思いましょう♪


そして多少間違えても良いのです、だって日本人だもん!


楽しんだもの勝ちです!


※ゴールデンウィーク英語短期集中レッスンの募集を開始しております。詳細はこちら!
 http://englishlessonslove.seesaa.net/article/458546539.html


posted by 島ちゃん at 17:13| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

英語勉強のコツA

前回の続きですhttp://englishlessonslove.seesaa.net/article/457755648.html


英語の勉強で「ながら勉強」を私はお勧めしております。


何かをしながら同時に英語を勉強する方法です。


さて、その他に出来る事ですが・・ゲームがお好きな方は英語圏のゲームソフトで遊びますと英語の音声や字幕で楽しめる事が出来ます。実はDVDは国によっては規制があり日本ではプレイできないのですがゲームソフトは無いのですよね。そのため日本のソフトで遊ぶよりはゲームがお好きな方はアメリカ等のソフトを使用しますと英語で楽しむ事になります。


自分の好きな事をしながら英語も楽しめます。


また、お料理がお好きな方は洋書のクッキングブックを見ながらお料理して細かな単語を学ぶ事が出来ます。ユーチューブではたくさんの英語圏の方によるレシピがありますのでそちらの視聴もお勧めです。


英語を楽しむお力になれたらと思います♪
posted by 島ちゃん at 22:02| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

英語を学ぶためのご自分の変化

人と言うのは変化を嫌う物です。ただ、英語を学びたい、話せる様になりたい、と言う人は自分を変化させたいと言う事になります。


では英語が話せる様になるにはどうしたら良いのか?今までの生活ではダメです。


英語に触れる時間を増やして、いつもテレビでお笑いを見ていた物を洋画にしたり英語の勉強をしたり、間違いを指摘されてもくじけず頑張る前向きな心が必要です。この様な変化が必要です。そしてこれに対応出来る人が英語が話せる様になります。


ダイエットや転勤でも同じだと思います。今まで好きな物を好きなだけ食べていて運動もしなかった人が痩せるには自分の生活の変化が必要です。転勤して新しい土地に行き、そこでの変化に合わせて自分も変化出来た人が成功をするでしょう。


そして変化をした世界に入る事でご自分の価値がとても高くなり人として大きく成長します。


初めは慣れなくても人間とは面白い物ですぐに慣れてその新しい世界がご自分の変化の無い世界になります。


知識や経験を身に付けて無駄な物は一つもありません。何か新しい物を学ぶ時・新しい目標が出来た時は「変化」を意識して取り組みましょう^^


posted by 島ちゃん at 20:20| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

英語の上達の方法

今年も残りわずかです・・!二度と来ない2017年、アディオスですね♪


さて、私事ですが昨日夜ご飯を食べていましたら歯の詰め物が取れてしまいました・・!


「こんな時に〜!」と思いながら行きつけの歯医者さんに朝一で明日行かなくてわーと思いながら私ってラッキーだなと気づきました。


これが大晦日とかだったらまず診療して無いしおそらく1/4からになる・・今取れてラッキーだわーとフェイスブックに謎の投稿をして今朝行きました。


そしてさらにラッキーだったのが・・本日の午後から1/4まで休みに入るとの事でした。詰め物よ、早く抜けてくれてありがとう♪


はい、私って楽天人間で自分の得意分野って何でもポジティブに持って行くとこなんですよね。


人によっては、「こんな時に歯の詰め物が取れた」→「ついてないな」→「歯医者に行くの面倒」→朝眠いから午後行くか「え、休み?ついてないな」→「あー、損した」


となる場合が多いかと思います。


英語のレッスンも同じで、体験レッスンや初回のレッスンで上手に会話出来なくても大丈夫です。何故かと言うとその時間はご自分が一番出来ないと思っている時で続ければ必ず上達するからです。


続ければ必ず伸びて逆は必ず起きません。私が保証します!


体験レッスンや初期の段階で「あー、ダメだ・・」と思うより「これからワクワクだなー」と思う事、思える講師に出会える事が大事だと思います♪
posted by 島ちゃん at 16:35| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

名前の変化

本日は生徒様と言語の変化についてお話をしました。


はい、言語は常に変化していて例えば、私が子供の頃には「スマホ」「インスタ」等の単語はもちろんありませんでした。私は70年代と80年代をイギリスで過ごしたため当時の英単語と今は大きく違うので意識してたくさんの洋書・サイト・動画・映画等を観て新しい英語を吸収してます。


日本語もそうですが時代背景によっても言語は変わると思います。


例を上げますと・・私は高校は日本の女子高に行きまして進学校だったのですが当時は「ビーバップ・ハイスクール」と言うヤンキー(死語^^;)の映画や極妻が日本で流行りその影響か友達を呼ぶ時、苗字だけでした。つまり、私の場合は「シマハター」と言われました。


私の少し上の世代、つまり50代の人達は○○ちゃん、○○君、と呼ぶのが一般的な様で、その上の60代以上の世代は苗字+さんが一般的の様ですね。


現在の20代はニックネーム+さんが多いですね。例えば有名なユーチューバ―とかでしたら「ひかきんさん」「みずにゃんさん」等ですね。


どうも40代の私には慣れない言い方ですが・・言語はこの様に変化するのだなーと感じる最近です。


言語学って面白いですと思った本日です^^
posted by 島ちゃん at 21:46| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

色々な英語

本日はTOEICのご相談を受けました。リスニングセクションのPart2が難しく、聞き取り難かったとのご相談でした。


はい、英検もTOEICも昔はリスニングは全てアメリカ英語だったのですが現在はイギリス・アメリカ・カナダ・オーストラリア英語で構成されています。そして第一言語が英語圏育った人はどの英語も聞き取れるのですが英語を第二言語として使用している人達は聞き取り難い場合もあります。


私の生徒様は、イギリス英語の方が聞き取り易いと言う方やアメリカ英語の方が聞き取り易いと言う方と様々な方がいますがでは違いは何なのでしょうか?


まず、英語は英国で誕生しました。英国英語の特徴はtの発音が強く淡々とする発音です。


ではアメリカ英語とは?アメリカ英語は昔イギリスや他のヨーロッパ諸国のピューリタン達が自由を求めてアメリカに渡り、色々な言語があるため一つ共通語を作らなければいけないと言う事でアメリカ英語が誕生しました。そのためイギリス英語よりも単語の綴りが簡単で文法もシンプルです。戦前は日本はイギリス英語の教育でしたが敗戦によりアメリカ英語になりました。aとrの発音が強くの発音が弱いです。


カナダは書く英語はイギリス英語で発音はアメリカに近いです。カナダ大使館のホームページを見ますとイギリス英語の文章です。


オーストラリア英語はとてもイギリス英語に近いです。イギリスのカジュアルな英語です。


これは私の勝手な想像ですが・・近い未来にTOEICのリスニングテストはインド英語やシンガポール英語も使用するのではと思ってます。


世界はグローバル化してますね♪

posted by 島ちゃん at 18:13| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

書店での洋書コーナー

本日、日本橋の某書店に行きましたら外国の方が英語で店員さんに何かを尋ねていて、「英語が出来ない」と何人もの店員さんが来て結局通じず彼女はエレベーターでお店を出ようとしてました。


何だか気の毒で話しかけたらフランス訛りのある方でおそらくフランス人、翻訳して店員さんに探している物を伝えました。


東京の真ん中の日本橋の大きな書店の洋書コーナーですよ。もう少し、社内研修で英語を取り入れたり、英語のアンケート等を作り伝えたい事が伝わる様な接客が出来ない物かなーと思いました。


これからどんどん外国の方が日本に来ます。このちょっとした違いで企業の売り上げが大きく変化するのではと思います。英語が通じるところは、ネットで外国人の方達が情報を流すでしょう。


旅行に行く人は基本的にはポジティブな人が多いと思いますので、「良い事は皆に広めたい・共有したい」と思うはずなのでサービス業は特に英語に力を入れるべきだとさらに感じてしまった本日でした^^
posted by 島ちゃん at 19:47| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする