2019年06月11日

東京は梅雨入りA

http://englishlessonslove.seesaa.net/article/466890453.html

前回の記事の続きです。↑上記が前回の記事です。





帰国子女の私は「何故日本語が普通に話せるのですか?」とよく聞かれます。





英語を上達させたい方はよろしければ参考にして下さい☆





私の両親は日本人です。親とは自宅で日本語を話してましたが学校はもちろん家以外で聞こえてくる言語は英語なのでヒアリングは99%英語です。家にいても当時ネットとかありませんでしたのでテレビは英語、また父は帰宅が遅く私には弟いるのですが弟との会話は英語、日本語は母としか話しませんでした。





また、子供の頃って学校が終わるとほぼ毎日友達と遊びますよね。友達もイギリス人なので当然会話は英語です。





そして私が9歳の時にロンドン日本人学校に転校する事になりました。自分では覚えていないのですが日本語が話せなくなり、母が私が何を言っているのか分からなくなり、これはマズイ!と転校させたとの事です。





そして初めて日本の義務教育を受ける様になりました。





それまで私は学校で友達がたくさんいて勉強も得意だったのですが、それがガラリと変わりました。





自分は普通に日本語で話しているつもりなのに先生に嫌な顔をされたり意味が分からず怒られる・意見を言うと嫌がられる・レポートが中心の勉強からつまらない暗記だらけの勉強になる等です。





先日、違う言語を学ぶには単語→文法→フレーズの順番が大事と書きましたがこの段階で私は「フレーズ」が分からなかったのです。





例をあげますと・・学校の授業が終わり掃除の時間になりました。(これも新鮮でした、イギリスでは業者が行います)





私の絵の具のグッズが担任の机にあり、意味が分からなく先生に「私の絵の具が先生のところにるので返して下さい」と言いました。すると先生はブチ切れて(笑)返さないから戻りなさいと言いました。





自分の席に戻り、その後先生がもう一度私を呼び再度話す様に言われました。





恐くて「何故か分からないのですが絵の具が先生のとこにあり・・」と訳が分からない説明をしたのを覚えてます。今考えたらイギリスに来たばかりの日本人の先生は私の言い方が失礼だと感じて、その後に「あ、あの子は日本語がよく分からないのだな」と思ったのかなと思います。今どうしてるのかな?機会あったらお会いしたいです♪





ま、この様に日本語は曖昧なので日本語の文法は分かっていてもフレーズが分からないため失敗した過去が子供の時にありました。





長くなりますので続きは次回書きます!

















posted by 島ちゃん at 13:21| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

東京は梅雨入り・・

securedownload (1).jpg

東京は梅雨入りしましたね♪


梅雨の後は暑い夏になります。去年、夏に高校時代の友人達と集まったのを思い出しましたので写真をアップしました^^


さて、本日は英会話について触れたいと思います。


英語を学びたい方は色々な方がいますが本日は初級者様の場合の事になります。


まず、単語→文法→フレーズの順になります。


色々な意見があり、「まず発音から」や「フレーズだけで話そう」等のレッスンを行っているレッスンもあります。


ただ、思い出して欲しいのが皆さまはお子様の時に小学校でこの順番で学んだはずなのです。


私は2歳からロンドンに住んでおりましたので小学校1年生の時に土曜の午前の週一だけ国語のレッスンを受けると言う補習校に通う事になり、今でも覚えているのが初のテストが0点でした^^;


その後、補習校で日本語の文法を学び流石に0点は取らなくなりカタコトの日本語を話せる様になりました。


よく聞かれます質問の一つに「何故今はこんなに日本語が普通に話せるのですか?」がありますが結構苦労したのですよ(笑)


次回、書きたいと思います♪ここまで読んで頂きありがとうございます!
posted by 島ちゃん at 16:42| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

言語と文化

CcjGyUhUcAA2IWt.jpg


自分の言語以外の言語を学ぶ時はその国の文化を知らないと行けない、と言うのが弊社の英語レッスンのコンセプトです。


はい、おそらく英語講師としてはあまりいないかと思いますが私は大の言語オタクで真面目に過去に言語学者になろうと思った事もあり、数えきれない程の言語学の本も読んで来ました・・!


さて、本日は国別に見る言語と文化の違いを書きたいと思います。


まず、イギリス!はい、イギリスは19世紀の世界の中心でしたので自分の国に誇りがあります。また、英語が生まれた国でありますので綺麗な伝統のある英語にこだわりPleaseを多く使用して丁寧な英語を好みます。ジョークが好きで言い回しも他の英語圏よりも遠回しでそれが美しいとされています。


続いてアメリカ!はい、アメリカは自由の国です。色々な人種が集まり出来た国なので英語はイギリス英語より簡単です。そのため表現がダイレクトで綺麗な英語よりもシンプルな英語になります。ある意味とても分かり易い表現ですが、一部の日本人にはキツク感じるかも知れません。


フランス!18世紀はフランスの時代でした。フランスは芸術の源でそのため言葉の発音も濁点が少なく本人達もそれで満足してます。少し前までは英語をあえて学ばない人が多くいましたが今はそうではありません。ただ、英語が苦手な人は多くいます。


日本!日本はアジアの中で下から2番目のTOEICの点数(最下位医は北朝鮮)で多くの外国の方から何故話せないのかを聞かれます。多くの理由がありますが、個人的に感じてるのが性格的な事です。例えば、韓国語と日本語は文法がとても似てます。ただ、韓国人は英語を学ぶ時、失敗を恐れず開き直って言葉にします。日本人は真面目なので、間違えない様に、考えてから言葉にする傾向があります。


簡単に書きましたが、文化と言語の繋がりを記載させて頂きました♪
posted by 島ちゃん at 21:24| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

英語の話せるコツ

securedownload (41).jpg

懐かしいシリーズの写真を見つけましたのでアップしました♪


堀切でユーチューバ―のRandyとMitchの大食いチャレンジで通訳をした時の写真です。


さて、本日はよく聞かれる質問の「どうしたら英語が話せる様になりますか?」に答えたいと思います。


色々な方がいますが、数千人の方を見て来ました私の意見の一つとして、「開き直る」事です。


日本人は恥ずかしがり屋さんが多く、失敗をしてはいけないと慎重に話す傾向があります。


一方、外国の方はとにかく言葉にして伝えようとして間違いがあったら直して欲しいと言う傾向があります。


日本人が英語を使う場面は外国の方と会話する時だと思いますが、外国の方は間違った英語を使用しても気にしません。


私達が、欧米の方が少し文法の違った日本語を話しても気にしませんよね?むしろ、少しでも話せたら「日本語上手ですね!」と褒める傾向があると感じます。


今、成長してる国は第一言語は英語では無い国のアジアやアフリカ等の国です。これらの国とビジネスをする際は英語での会話になりますがお互いの第一言語は英語では無いので細かい事は気にせず「伝わる会話」「心温まるメッセージ」を頭に入れる事をお勧めします♪
posted by 島ちゃん at 18:05| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

イギリス英語とアメリカ英語の単語の違い



イギリス英語とアメリカ英語の単語の違いの動画です♪


よろしければご覧になって下さい^^
posted by 島ちゃん at 15:40| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

英語のトレンドと今後

securedownload (4).jpg

速いもので12/24に弊社は丸9歳になりました。ここまで頑張って来られたのも皆さまのお蔭です♪


さて、今回は私が経験して得た英語レッスンのトレンドについて書きたいと思います。


9年前、英語レッスンを受けたい人の目標は多くがTOEICの点数取得でした。多くの大企業や外資は800点以上を社員に取る様に命じました。当時は多くのTOEIC点数アップの参考書が販売され、またフィリピン人の学生を講師とする格安のオンライン英会話も流行りました。


その3年程後にTOEICブームから変わり多くの方々からの依頼で会話中心のレッスンのご要望がありました。TOEICの点数は高く、英検も取得したけど会話力が無いので何とかしたいとのお声が多くありました。また、企業の人事もTOEICの点数が高いからと話せる訳では無い、と言う事を気付き初めました。


それと同時にサービス業からの生徒様のご依頼は増えました。中国人のお客様が多く、英語で接客をしたいとのご要望が増え、デパートを初め前向きなスタッフ様の生徒様が増えました。


少し後に、道を訪ねられる時が多いのでその時の英語を教えて欲しいと親切な方々からのご要望が増えました。


今の時代は、TOEICで高得点を持っているのは当たり前の時代で外国の方に咄嗟に話しかけられた際の話し方、海外出張をする際のクライアントとの食事の時のもてなし方、等のより実践的な内容が求められていると強く感じます。


そして、現在アジアを初めとする多くの外国の方が日本で仕事をしてます。この方達はとても前向きで明るく、この様な方達とビジネスをした
りする事は増えるでしょう。その時は世界の共通語の英語は必須になるでしょう^^


posted by 島ちゃん at 17:34| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

英語は楽しく!



最近、CANON ROCKにハマってます。そしてあるユーチューバ―のファンになりました。


少し古い動画ですがこの若い男の子は何て楽しそうにギターを弾いてるんだろう♪と観ていて気持ち良くなります。本当にギターを弾くのが好きなんだろうな!と思います。


さて、私がいつも皆さまにお伝えしてますのは英語を学ぶ時、楽しみましょう!と言う事です。


恐怖心や嫌々学びましたらこんなつまらない事はありません。


まず、楽しみ方の一つに「英語圏の人に成りきる」と言う事です。英語圏の人達は言葉が全てで日本人の様に空気を読んだり思っている事と言っている事が違う事はありえません。なので、何でもダイレクトに伝えましょう。素敵なギフトをもらったら「I love it!」、相手に迷惑をかけたら「I am sorry」と言いましょう。(こんなギフトは悪くてもらえない、と言ったら気にいらなかったのかな?と思います)


また、もし友人等で英語を勉強している人がいましたら一ヶ月で覚えた単語の数を競ったりして勝った方がご飯をご馳走なる、や「日本語禁止15分」のゲームを行うのも楽しく勉強出来ます。


そして一番有効だと私が思う事は、「英語が話せたらこんなに楽しい」と言う事を想像する事です。人は辛い時、「向いてないのかなー」と悲観的になる時がありますよね。壁にぶつかりましたら今出来ない事を気にするより、出来る様になったらどんなに楽しいかを想像する事です。日本人は真面目なので少し出来なかったり失敗したりするとご自分を責めたり最悪のケースは企業で命をご自分で絶ったりする方もいますがそこまでご自分を追い込まず、適度に頑張って下さい^^










posted by 島ちゃん at 16:36| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

違う言語の学び方


securedownload (56).jpg

本日は日本語を学校で学んでいる外国の友人から相談を受けました。


学校に通っているが上達しない、自分に日本語を教えて欲しいと・・


何故上達しないのかを色々と聞き、なるほど、と思いました。


日本語の授業では全部日本語、先生は一方的に説明をするのみ、会話方式の授業では無い。


自分の学生時代のスペイン語の授業を思い出しました。


大学二年生の時に私は第二外国語でスペイン語を取り、初めて言語を勉強して取得をすると言う経験に会いました。


そのスペイン人の先生は一切日本語を使用せずテキストも全てスペイン語、私は何も分からず授業だけがどんどん進んで行きました。


頭がパニックで自分なりに理解しようとしたのですが試験も最悪で私を含め数人がそのクラスを落ちました。


そうなると3-4年生で取らないと行けないのですがもしもまた落ちましたら4年で卒業出来なくなってしまいます!


そして3年の時のスペイン人の先生の授業を受けました。今回は日本語を入れて説明してくれる方で先生が神様に見えました!


どの言語もどうしても理解出来ない時は母国語を入れて教える方が会話を出来る近道にだったりします。理解出来ない物をそのまま進めると余計理解出来なくなります。そのため私の英会話レッスンも初心者には日本語を混ぜて進めて、日本語の割合を少なくしております。


その日本語を学びたい外国の方と一緒に日本語のテキストの洋書を買い、英語を混ぜて教えたら分かり易いと言われましたよ・・!


posted by 島ちゃん at 13:54| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

英語と日本語の翻訳で大事な事

弊社は通訳・翻訳のお仕事もしておりますが、本日は良い通訳・翻訳とそうでは無いのについて書きたいと思います。


まず、英語⇔日本語と言うのは言語の性質がとても違いますのでその違いを分かっていないとおかしな訳になります。


皆さまも、「何これ?」みたいなおかしな日本語訳を見た事があるかと思います。昔、中国に旅行に行きました時に日本食レストランのパンフレットの日本語がおかしくてお腹が痛くなる程笑いました事があります^^;


まず、英語と日本語の大きな違いの一つに「ダイレクトな英語」と「曖昧な日本語」があります。


例えば、この記事の一行目に「本日は良い通訳・翻訳とそうでは無い・・」と書きました。


英語でしたら私はGood translations and bad onesと書きます。日本語で「悪い」と入れると否定的な言葉を避ける日本人にはキツイので「そうでは無い」にしました。


もう一つの例として私が通訳をしていた時の事を挙げたいと思います。


昔、東京に遊びに来た外国の方と皆で写真を撮ろうと言う事になり「あの人が写真に写りたくないのなら我々の写真を撮ってくれるか聞いてくれる?」と言いました。


日本人は遠慮をする文化がありますので、皆で写真を撮ろうと言う時に遠慮して写りたく無いとある日本人女性が言いました。


もし私がこのまま言ったらキツイですよね・・!


私が言葉にしたのは「是非一緒に写りませんか?」(もしここで再度断わりましたら本当に写りたく無いので撮影をお願いしようと思いました)


「・・分かりました♪」


撮影に応じて頂き、他の方が自ら撮影を申し出て下さいました。


この様に曖昧な日本人・遠慮する日本人と思った事と言う事と行動が同じ欧米人には大きな文化の違いから来る言葉のずれがありますのでそこを理解して変換して相手に伝える必要性があります。


東北大震災がありました時に被災したある村の記者会見に行った事がありますが外国人向けの会見のため通訳の女性が日本語を英語にしてました。


その方は素晴らしい通訳だな、と感じましたのは被災地での現状を伝えるのにその村長さんはご自分の感情が先走ってしまい「え?それは行ってはヤバいでしょ?」的は発言がありましたがその通訳さんは綺麗な英語で上手に修正してました。決して嘘を言っている訳では無く、きちんと外国のメディア向けに筋の通った翻訳をしてました。


翻訳や通訳を誰かにお願いをする際はどれだけ二つの文化を理解しているかを聞くと良いかも知れませんね!








posted by 島ちゃん at 12:52| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

英語ヒアリングの大切さ

私の英語レッスンでは、生徒様に対してとにかくたくさんヒアリングをたくさん行う様にお伝えしています。ヒアリングは独学でも出来ますので、テキストの音声を聴いたり、洋楽を聴いたり、洋画を観たりとお勧めしています。


さて、何故そこまで聞く事にこだわっているのか?と言う事ですがちゃんとした根拠があります。


人は生まれる時、まず「オギャー!!」と叫び最初に人の声を聞きます。


たくさんの言葉を聞き、その次に話す様になります。


その後読む力が付き、そして書く事が出来る様になります。


聞く事と話す事は脳で結びついており人は聞いた事が無い言葉は話せないと言われております。日本人が聞き取れない英語の発音と言うのがあるのですが、(thやrの発音)それは日本語には無い発音だからになります。ただ、訓練をすれば聞き取れる様になりますので、そのためたくさんの英語を聞く事をお勧めしてます。


どんなに教育を受けていなくても言葉を話せない人はいませんよね。それは人は「聞く事」「話す事」を最低限行っているからになります。


また、私は子供の頃はイギリスにいたのですがある時日本語が話せなくなり、日本人と会話しても伝わらない時がありました。


おそらく自宅以外では日本語を聞かなく聞く事も話す事も全て英語だからであるかと思います。と言うかそれ以外考えられません^^;


中学三年からを日本で過ごしたのですが当初は話す速さが速すぎて何を言っているか分からないとよく学校で言われました。現在はその様な事はありませんので耳が慣れてそれが言葉にも伝わる様になって行ったのでしょう・・!ご安心下さい(笑)


この様な理由と自分の経験から英語を上達させるにはヒアリングをたくさん行う事をお勧めしてます♪
posted by 島ちゃん at 16:36| Comment(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする