2017年07月24日

謝り過ぎる日本人

日本人は必要以上に「謝る」と言われています。私もそう思います。


欧米の方達は、悪いと思ったら謝り、ありがたいと思ったら感謝の言葉を言います。


悪いと思っていなかったら基本的に謝りません・・!


実は先日スマホが壊れて見てもらいに行きました。購入して一年もしていないため無料の交換になり、約一時間程いたのですが5分に一度位の頻度で「申し訳ございません」「大変申し訳ございません」と言ってました。


最初は「丁寧な方だなー」と思ってたのですが段々と「そんなに謝らなくて私そんなに怒ってないよー」「心配しなくても怒らないよ」と言う気持ちになり、その内「この人が悪い訳では無いんだけどなー」と申し訳無い気持ちになってしまいました^^;


この話を他の方にしたら結構今はクレーマーが多いとの事と携帯と言う緊急事態を伴うものだからでは?と教えて頂きました。


あまり何度も謝罪されると申し訳無い気持ちになってしまう・・とのお声も外国の方から聞きますので、ビジネスの場では無い時はあまりにも何度も謝らなくても良いかと思います♪


※ちなみに日本語の「すいません」は謝る時と感謝する時の両方に使用されますがこれがsorryを混同させてしまうのでは?と思います。例えば、エレベーターで扉を開けて頂いたら「すいません」と日本人は言いますがこの場合英語ではsorryでは無くthank youと言います。道で誰かにぶつかってしまったらsorryですがぶつかりそうでぶつからなかった場合は特に誰も被害に合っていないのでwhoops!で大丈夫です。
posted by 島ちゃん at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

日本人が間違えてしまう英発音

英語の発音は日本語の発音よりも多く、そのため日本人には聞き取れない・聞き取り難い発音があります。


日本人が英語が苦手な理由にこの発音の問題もあると言われていますが、本日は日本人が間違えて発音してしまう単語を挙げたいと思います。


まず、Hello. Hの後がeのため「ヘロー」と読む方がいますが発音は「ハロゥ」です。「エ」では無く「ア」です。


また、Eco, Economist, Egypt等の多くのEから始まる単語は「エ」では無く「イ」で発音します。エコでは無くイーコー、エコノミストでは無くイーコノミストゥ、エジプトでは無くイージプトゥになります。


そして、英語では最後にeが来る時はeを発音しません。例えば、rateはローマ字読みだと「ラテ」ですが英語は「レイトゥ」になります。cakeはローマ字だと「ケーケ」ですが英語は「ケイック」です。


では、cafelatteカフェラテは?となりますがこれはフランス語なのでeを読む事になります。


日本の和製英語は英語とローマ字が混ざっているのでとっても独特な物が多くあります・・!
ラベル:英語 発音 英発音
posted by 島ちゃん at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人が間違えてしまう英発音

英語の発音は日本語の発音よりも多く、そのため日本人には聞き取れない・聞き取り難い発音があります。


日本人が英語が苦手な理由にこの発音の問題もあると言われていますが、本日は日本人が間違えて発音してしまう単語を挙げたいと思います。


まず、Hello. Hの後がeのため「ヘロー」と読む方がいますが発音は「ハロゥ」です。「エ」では無く「ア」です。


また、Eco, Economist, Egypt等の多くのEから始まる単語は「エ」では無く「イ」で発音します。エコでは無くイーコー、エコノミストでは無くイーコノミストゥ、エジプトでは無くイージプトゥになります。


そして、英語では最後にeが来る時はeを発音しません。例えば、rateはローマ字読みだと「ラテ」ですが英語は「レイトゥ」になります。cakeはローマ字だと「ケーケ」ですが英語は「ケイック」です。


では、cafelatteカフェラテは?となりますがこれはフランス語なのでeを読む事になります。


日本の和製英語は英語とローマ字が混ざっているのでとっても独特な物が多くあります・・!
posted by 島ちゃん at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

日本と欧米の子供の叱り方



小さな子供はお母さんが大好きなので、注目してもらいたいためにイタズラしたり兄弟ケンカをしたりしますよね!レッスンでキッズに英会話を教えてると「あーこの子はお母さんが大好きなんだなー」と思う場面がよくあります♪


さて、大人が子供を叱らないといけない時・・日本と欧米では大きな違いがあります。


東洋の人は一般的に感情的な人が多いと言われてますが、子供が悪さやケンカをした時「何やってんのー💢」と怒りを前面に出して怒る人が多いかと思います。私の友達で四人兄弟の友人がいますが子供の頃に兄弟喧嘩をしていたら母親が熱っしたフライパンを投げて来たと言ってました(笑)お母ちゃん、強い!


一方、イギリスやアメリカ等の国では言葉で理論的に「何故そんな事をしたのか」「何故いけないのか」を説明する風習があります。大きな声で叱っていても、内容はきちんと伝えています。そして、兄弟喧嘩や友達との喧嘩を終えさせるのに「Shake hands」と言い握手をする様に言います。


握手をする事により仲直りをした、喧嘩は終わり、と言うサインになります。


国によって、もっともっと凄い怒り方の国もあります・・!
posted by 島ちゃん at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

色々な英語とアジアン料理@茅場町

最近、タイ料理にハマってます♪写真は先日食べたパッタイ@茅場町です。

securedownload.jpg


インド料理屋さんでタイ料理もあり、お店には何故かちょうちんが・・^^;

securedownload (2).jpg

とても感じが良くお値段もお手頃!ジャルパンと言うお店です。3000円前後で夜でしたら飲んで食べる事が出来ます!


さて、それは置いて・・最近食いしん坊だからか食べ物ネタになってます^^;


さて、私がいたイギリスはインド人がたくさんいる国で、私は現地の公立学校に通ってましたが給食のインド人向けとそれ以外の「ベジタリアン」と「普通」に分かれてました。


また、当時一難仲が良かった友人もインド人でよく彼女の自宅に遊びに行きました。友人はネイティブ英語ですがお母さんはインド訛りがあり、別に気にしないで遊んでいました。


イギリスでは色々な人種がいますので、先生もイタリアやインド、アメリカ等の色々な方がいて人種は気にした事がありませんでした。そのため色々な訛りや種類の英語を聞く事が出来ます。


何を言いたいのかと言いますと、日本人は英語が上手に話せない事を気にせず開きなおっては話すときっと良い事が起きるはず!間違えても怒られる訳ではないし・・(笑)一生懸命頑張ってる人には応援したくなるのが社会だよー♪


第一言語が日本語でも無い、英語でも無い・・でも一生懸命サービスしている店員さんに感銘を受けてしまいました♪

posted by 島ちゃん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

インド英語

最近ハマってるインド料理屋さんがあります。とても美味しく、また面白いお店なのです^^


インド人が経営していて店員さんもインド人なのですがメニューにお刺身があったり枝豆があったり・・創作インド料理!?

securedownload (18).jpg

大好きなタンドリーチキンの盛り合わせ!これはれっきとしたインド料理です。

securedownload (17).jpg

サラダの上のメニューに洋風ミニオードブルと書いてあるので頼みました。

securedownload (19).jpg

来たのはアジとマグロのお刺身のカルパッチョ風とタンドリーチキン!店長さんからどうでしたと聞かれたので「美味しいけどこれは和食とインド料理では?」と言ったら笑ってました(笑)


さて、最近インド人と一緒に仕事する様になったと言うお声を時々頂き、聞き取りにくいとのお声も頂きます。確かにインド人の英語は特徴があります。ただ、イギリス英語やアメリカ英語が聞き取れましたら聞き取れます。


第一言語は英語圏の人達はよほどひどい英語では無い限り聞き取れるのですよね。イギリスにもインド人はたくさんいますので子供の頃よく遊んでましたが友人の自宅に行くと親御さんはインド訛りのある方達ばかりでした。人間の脳って面白い物で聞いた事のある物はコンピューターの様にすばやく頭に結びつけるのだと思います。


これから色々な人種が来日してくるのではと思います^^






posted by 島ちゃん at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

日本語も英語も訛りがある

本日、生徒様がエジンバラに出張する事になった♪帰りにロンドンによるとの事!羨ましいです!スコティッシュが聞けるTrain Spottingの視聴をお勧めしました^^


さて、先日とても腹が立つ事ですがマンチェスターでテロがありました。。


ニューズやユーチューブでマンチェスター訛りの英語を聞き、「わ、久ぶりに聞くマンチェスター英語だ」と思いました。


イギリスにいた時、マンチェスターや地方からの転校生が学校に来るとロンドンとは違う英語を話していたのですよね。そして、イギリスのテレビ番組でもよく使用されている英語でした。


そして先日、知人のアメリカ人とお話した時に気づいたのですが・・「アメリカ人のほとんどはマンチェスターの英語の違い分からないよ」との事。


私は「え?何で?全然ロンドンと違うじゃん」と言いました。「テキサスとニューヨークの英語の違いは分かるよー」と言いましたら「ではニューヨークとボストンの違いは分かる?」と聞かれ、全然分からないです、と言うか違いってあるの!?レベルです・・


その時に気付かされたのですが・・私はたまたまイギリスにいたからマンチェスターの英語とか聞く経験がありましたがアメリカの人はロンドン英語は聞いた事はあるかも知れませんが確かに地方のは無いかも・・


勤めてた時、大阪支店に配属になった事があり関東の標準語の言葉しか知らない私は全ての言葉関西弁に聞こえましたが京都・兵庫・長崎・・等と全然違ったらしいです。


日本語も英語も独特の訛る、楽しいですね♪文化の違いや言語の違いは大好きです♪



posted by 島ちゃん at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

英語と日本語の言語の違い



う〜ん、私からしたら女性だけでは無く男性も日本人は主語が無い会話が多いし何を言っているのかが分かり難い言語だと思います。


英語は文法的に主語が存在する言語で理論的な言語です。文法的にyes/noで答える質問が多く遠回しな言葉の日本語とは全然違います。


そのため欧米の方は日本人は何を言っているのか分からないと言い、日本人は欧米人は言葉がキツイと言います。


あと・・私は女性なので、記事のタイトルも文章ももう少し尊厳を持って書けないのかなーと思いました。


海外でしたら差別的発言が多いと叩かれると思います^^;
posted by 島ちゃん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

洋楽にみる日本と欧米の違い



アリアナ・グランデ、歌が上手で綺麗ですよね♪好きな歌手の一人です。


さて、欧米の歌手は歌が上手なのはもちろんダンスも出来たり外見も良かったりと多くの個性が光ってます。


一方、日本は素晴らしい歌手もいますが「アイドル」と言われる歌があまり上手では無く外見も普通っぽい歌手もいます。


これって欧米と日本の文化の違いをよく表してるな、と思います。


日本と言う国は皆と同じが好まれる国で、回りと違うと変な目で見られる国です。そのため「協調性がある」「控えめ」が良い意味で使われ、「出る杭は打たれる」「自信家」があまり良い意味で使われません。


そのため抜群の外見や歌唱力よりも皆と同じ様な存在のアイドルが一部の方に人気があるかと思います。


一方、欧米は'' You have to be special'' 「特別になりなさい」'' You are the best'' 「あなたが一番」が美徳とされてますので自分よりも優れている事が良いとされている文化です。


そのためいかに個性を出すか、出せるか、が人気になります。


ただ、最近は日本も変化して来て特に若者は個性的になって来たと感じます♪
posted by 島ちゃん at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

パンダで学んだ英語

先日、知人の外国の方と話してて「日本人にパンダは熊だと言ったら、パンダは熊では無いと言われた」と聞き、「え、熊じゃん。その人は熊では無いと思ってるの?どう言う事?」「いや、それが熊では無いと言うんだよ」と言う会話になり頭が「???」状態になりました。


その後、私より年上の方にその話をしましたら「パンダは熊では無い!」と言われて何故かお尋ねしましたら「他の国では熊だけど日本ではパンダはパンダ!」との事。彼女の説明でようやく意味が分かりました♪


70年代に日本に日中関係を固めるためにパンダが上野動物園に来た事、当時パンダを見るために3時間以上も並んだ事、日本では超パンダブームだった事。


ロンドンのLondon Zooにもパンダはいましたがこんなにもブームではありませんでした。


そして、何故私は「パンダは熊では無い!」が理解出来なかった理由が分かりました。


理由は三つあります。


一つは当時日本にいなかったため当時のパンダブームを経験していないからです。多分、パンダブームを作る仕掛けがあったのでしょう。日中関係修繕のために。


二つ目は、言語的な理論です。パンダは熊=bearでしょ!生物学的に・・私が勘違いしてたの?ネコ科とか?とか考えてしまいました^^;


三つ目は、日本人は創造的な言葉で話す事が多いからだと思います。例えば・・「キムタクは中年では無い!」一般的に中年とは30-50代を指すかと思いますが自分の中ではそうでな無い場合はその様に表現するのが日本人かと思います。


東洋は曖昧な文化、欧米ははっきりした文化と言われてます。文化と言語学は学ぶと本当に面白いです♪
posted by 島ちゃん at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする