2015年01月25日

洋書を読む英語勉強方法

securedownload (14).jpg

私は本が好きでいつも読んでますが、日本での多くのベストセラーが海外からの本であったりします。


最近、書店で昔読んだ事のある本の洋書がありますとつい買ってしまいます。


良い本は何度読んでも面白く、また多少日本人向けにアレンジされているところが分かったり、また自己啓発等の本は自分のためにもなるため繰り返し読みます^^


読書がお好きな方は、日本語で読んだ事のある本の英語版を読みますと内容が分かっているだけに読み易いですよ♪


題名が日本の本と違っている場合がほとんどなのでネットで洋書の題名を調べて、アマゾンで購入出来ます!
posted by 島ちゃん at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

洋書の楽しみ方

securedownload (7).jpg

洋書を読みたいけれども難しくて、ハードルが高い!!とお考えの方は結構いるかと思います。


私のお勧めは、自分が興味のある事の洋書を読む事です。


例えば、料理本だったりアロマの本だったり好きなスポーツの本だったり・・


自分が好きな分野の洋書でしたら楽しく読む事が出来ます^^


そして、自分の得意分野の英語って知っている単語だったり、聞いた事がある単語が多くあります。


サッカーとかだとルールで多くの英語が使われておりますし、金融やITも多くの英語の業界用語が登場します。


英語=勉強、と思ってしまうとアレルギー反応が出てしまいますが、好きな趣味の延長で英語に触れる事にしますと抵抗無く学ぶ事が出来ますよー♪
posted by 島ちゃん at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

英語だらけのテキストに驚かないで!

レッスンのテキストで、全て英語で書かれている洋書を見て驚かられる場合がありますが恐がらなくて大丈夫です!


もちろん日本語が入っているテキストにもご対応しますが、洋書の会話のテキストは母国語が英語では無い方へのテキストになりますので分かり易く書いてあります。


上級者向けのビジネス英語や文法のテキストは英語圏の人も使用する場合がありますがそれ以外は基本ノンネイティブ向けです。


また、分かり難い部分は私が日本語を混ぜたりして臨機応変に対応してます♪


その他に、個人的にご使用になりたいテキストがありましたらご持参下さい!


posted by 島ちゃん at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

英語辞書

英語辞書には色々な辞書があり、医療用語の辞書や金融用語の辞書等の専門辞書はたくさん販売されております。

photo (16).JPG

ご自分の専門の業界の辞書や、興味のある分野の辞書を購入して勉強すると楽しく勉強出来ます。


興味がある分野なので、ただ読んでるだけでも楽しいんですよね。


「へー、こう言うんだー」と新たな発見がたくさんあります。


そして、似た様に言葉は似た綴りが多い・・と言う事が分かります。


当たり前ですが、アルファベット順になってますので類義語が同時にたくさん学べます^^
posted by 島ちゃん at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

ヨーロッパ文化の洋書

先日面白い本を見つけて即買いました。

securedownload (6).jpg

ヨーロッパの国々の文化の違いについてです。


私は1989年に日本で生活する様になった時あまりの文化の違いに衝撃を受け、それから文化の違いに大きく興味を持ち始めました。


日本人から見たらアメリカ人と英国人は似た者同士と思われる方が多い様ですが、中身は全然違いますぴかぴか(新しい)


アメリカ人は新しい物が好きで好奇心旺盛、それに対して英国人は伝統を守りあまりあれもこれもと興味がありません。


英国人の方がのんびりしてます。


本を読み終わりましたら感想を書きます^^
posted by 島ちゃん at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

英語のテキストの選び方

英語テキストを購入する時、どの様なものが良いのか分からない・・と言うお声をたまに頂きます。


色々なテキストがあり、色々な勉強方法があり、テキストにも相性と言うのがあるかと思います。


難し過ぎて嫌になる方もいれば、少し難しい方が闘争心が湧き頑張る方もいます。


私は、テキストを選ぶ時大きく二つのタイプがあるかと思います。


絵がたくさんあるテキストが良いか、文章がたくさんある方が良いか、です。


例えば、辞書も英国ではpicture dictionaryと言う絵が付いている辞書があり、視覚で単語を覚える方法があります。


この様に視覚で覚える方が楽しい、身に付くと言う方は絵がたくさんある方が良いと思います。


一方、文章がたくさんある方は物事を順序立てて考える、頭を使い理論的に学ぶのが好きな方に向いています。


もし私が何か習い事をするとしましたら、文章が多いテキストを選びます。


物事を理論・理屈で考えるとこがあり、また読書が大好きなため文章を読むのが苦痛では無い点もあります。


弊社では多くのテキストを置いてありますので、色々と見てみる事も出来ます^^
posted by 島ちゃん at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

ブックオフで洋書購入

本日、秋葉のブックオフへ!そしたら素敵な本が・・!迷わず購入しました。

photo (11).JPG

ディカプリオ様の本♪


ブックオフとアマゾンは、通常は中々手に入らない書籍が購入できるのが好きです。


また、ヨーロッパの本もたくさん買えます。


日本の書籍の洋書コーナーだとどうしてもアメリカの本が中心になってしますのですが、フランス・英国・スペイン等と色々あります。


ただ注意が必要なのは洋書を取り扱っているお店と無いお店があります。


渋谷・秋葉・御徒町は扱ってます^^
posted by 島ちゃん at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

英語テキストの種類

英語のテキストで洋書の物は、大きく3つに分かれております。


Student's bookとTeacher's bookとWork bookです。


生徒用と先生用と練習問題です。


日本の物と違い、多くの洋書テキストは問題の解答が付いて無く、先生用のテキストに付いてある場合があります。


弊社のレッスンではStudent's bookを使用してレッスンで回答をお伝えしますので、ほとんどの生徒様がStudent's bookのみを使用してます。


もちろんWork bookを購入して独学を磨くのもお勧めです・・!


しかしテキスト形式の本は洋書には多くあるのですが日本の出版社ではまだまだ少ないです。


参考書やハウツー本になるのですよね。


子供向けのドリルは多くあるのですが、大人向けはあまりありません・・!
posted by 島ちゃん at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

英文法のテキスト

英語レッスンの文法レッスンではテキストを使用しております。


お勧めのテキストを良く聞かれますが、日本で良く売れていて人気があるのがGrammar in Useと言うテキストです。


Cambridge社が出版社ですがこのテキストはアメリカ英語と英国英語バージョンとありますので、購入する際どちらを選ぶがチェックした方が良いです。


また、色々なレベル・シリーズが出ております。


Cambridgeと並んで有名な出版社はOxfordです。


丸善や紀伊国屋等、大きな書店で購入する事が出来ます。


posted by 島ちゃん at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

洋書で知る国際文化

本日、書店で面白そうな本があり購入しました。

photo (21).JPG

最近の日本の文化を外国の方が書いている本です。


洋書の面白いところは、和書と違い表現の制限が少ないので、筆者の伝えたい事がそのまま書かれています。


また、他国から見た日本の文化の本は好きで、今までたくさん読んで来ました。


国際的にお仕事をしている方は読む事をお勧めします^^


ただ、注意点として和書より高く、お値段は倍はしますあせあせ(飛び散る汗)
posted by 島ちゃん at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする