2017年10月17日

映画「赤ずきん」で英語の勉強



2011年の公開映画「赤ずきん」、簡単な英語しか使用されていませんので初心者からでも英語の勉強が出来ます。


「赤ずきんちゃん」の劇場版で、我々の知ってる童話の物とは少し番う内容になってます。


それでは映画の中で使用されている英語でフレーズの解説をして行きますね^^


開始11分 And I came to love your father
came to..は「〜となり始めた」の意味です。ここでは「あなたの父親を好きになり始めた」と言う意味です。
became to..でも同じ意味です。
I came to like Japan. 私は日本を好きになり始めた。I came to get used to school.私は学校に慣れて来た。と言う風に使用します。


12分 Henry always had his eye on you.
have one's eye on..「目が離せない」つまり、「好意がある」と言う意味です。
大ヒットしった歌の「君の瞳に恋してる」の英語タイトルはCan't take my eyes off you.「君から目が離せない」です。恋心を表すのは英語も日本語も同じですね(笑)


19分 I feel like..I'm being sold.
likeと言う単語は色々な意味があり日本人が混乱する単語の一つでもあります。
「好き」「好む」と言う意味の他に「〜の様に」「似てる」「方法」と言う意味もあります。
ここでは主語+動詞+likeなので「〜の様に」になります。「私は売られてしまう様に感じます」→「私は、売られてしまう様な気持ちです」になります。


59分 I do care.
英語で自分の感情を強く伝えたい時は動詞の前にdoを付けます。
I careは「私は気にしてます」ですがdoを付けると「本当に気にしてます」「とても気にしてます」となります。


映画を使用して英語を学びたい方は、台本を購入して勉強をする事をお勧めします♪
posted by 島ちゃん at 14:23| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

映画「フロム・ヘル」でのイギリス英語



ジョニ―デップの映画で、切り裂きジャックの話です。


1800年代のロンドンの話でロンドンの当時の景色・イギリス英語がたくさん聞けます。ただし、娼婦を初め下町に住んでいる人達の英語なので決して上品とは言えない英語がたくさん出てます。


アクセント・言い回し・言葉使いがクイーンズイングリッシュとは違う独特の物になります。


ただ、当時の時代背景や階級社会の事が分かりますのでイギリス好きには是非観て頂きたい映画です。


イギリスの発音・現地の人達が使用している少し崩れた英語が知りたい方は楽しめるかと思います!
posted by 島ちゃん at 18:27| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

「ダンケルク」で見る英語



現在上映中の「ダンケルク」を観て来ました。


登場人物が全てイギリス人とフランス人のみのためイギリス英語が使用されています。


英語の勉強を兼ねて観たい場合、初級〜から大丈夫です。戦争映画のためそんなに長い英語は使用されておりませんし視覚でも理解出来る内容です。


第二次世界大戦中にドイツ軍に追い込まれたイギリス兵達がイギリスへ撤退する時の実話です。


映画としては面白く、よく出来てると感じました。


また、現在北朝鮮問題のため世界がピリピリしてますが改めて戦争の悲惨さを考えさせられます。


お勧めの映画です!
posted by 島ちゃん at 17:41| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

映画で英語レッスン



今は昔と違いネットで映画を観たりDVDの字幕を英語にしたり出来ますので便利な時代ですよね!


私が子供の頃よりも何倍も映画を楽しめる時代です。


記事に書いてあるCubeは使用されている英語が簡単なので初心者でも楽しめます。


ホラー・アクション・子供が主人公の映画は初心者にお勧めです。


映画を使用したレッスンも行っておりますのでご希望の方はどうぞ^^
ラベル:映画 英語 英会話
posted by 島ちゃん at 17:08| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

「君の名は」を使用した英語・英会話の勉強

ダウンロード.jpg

昨日、大ヒットアニメ「君の名は」のDVDが発売されました。


私がいた1970-1980年代のイギリスでは日本のアニメが世界で流行るなんて考えられない事でしたので驚きです。


当時はテレビで放送される漫画は子供向けで、私も小学校を過ぎてからテレビのアニメも漫画本も全く興味ありませんでした。


日本アニメの「ガッチャマン」がイギリスで放映されてましたが当時、それが日本の物だと言っても誰も信じてくれませんでした(笑)


バブル前でしたので日本と言いましても先進国仲間だと言う意識がイギリス人にはあまり無かったのですよね。


その後バブルを迎え、為替も強くなり日本の文化が注目される様になり「ドラゴンボール」「進撃の巨人」等のアニメが流行り昨年は「君の名は」が大ヒットしました。


このアニメを見た事がある方に英語の勉強として是非行って欲しいのが・・英語の音声版が出ましたら、「英語の音声で見る」事です。難しい場合は英語の字幕を表示して下さい。内容が頭に入っている方には良い勉強方法になるはずです♪
posted by 島ちゃん at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

映画で英語を学ぼう!映画の歴史

映画オタクな私、映画が大好きなため小学生の頃から人と行くより一人で行く方が集中出来る・・との理由で映画館は子供の頃から一人で行くのが好きな私からの映画の変化を本日は少し書きたいと思います♪


私の生まれは1974年と言う事を理解して頂ければと思います!対象映画はその後です。


70'sでイギリスで流行っていた映画はナンバーワンは007です。はい、イケメンスパイとボンドガールが今でも目に焼き付いてます。ま、当時は小さな子供でしたが・・


80'sはイギリスでハリウッド映画の黄金期です!スーパーマンやスターウォーズの映画は大ヒット、またアメリカのドラマのFame, Chips etc.が朝の日曜の楽しみでした。


当時、映画館ではアイスクリームが売ってたり館内でも席でタバコが吸えました。


その後、ビデオが出てこれは大きく時代の変化を与えました♪


初めて日本の紅白歌合戦をビデオで見て、当時のアイドルを見て「何てかわいいー!」と思いました。松田聖子さんや堀ちえみさんの様なアイドルってそれまで見た事が無かったんですよね。


90年代は小室ミューヒックが流行りました。彼はロンドンが大好きなんですよね、私が当時住んでいた自宅住みだったらしいです。小室さんの住んでちたハムステッドは私の自宅もあり、映画ノッティングヒルの恋人のロケにも使われた公園があります。


2000年に入りCGが多くの映画で使用される様になり、ビデオからDVDへと移りました。このDVDの登場が何よりも嬉しく映画を字幕無しで観れる事がとてもありがたかったです^^字幕無し・英語字幕は英語を勉強したい方々のお役に今でもたっているはずです。


今はブルーレイを多くの方がお持ちかと思いますが、ネットでの動画で色々な映画を観る事が出来て本当に昔一人で映画館に行っていた頃と大きく時代は変化したなーと感じてます。


映画を英語が学習の武器にしてペラペラになった方はたくさんいます♪少しでも映画にご興味を持って頂けたら嬉しいです!
posted by 島ちゃん at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

映画フューリーでの英語



映画「フューリー」ブラピ出演で第二次世界大戦のアメリカ軍によるドイツ侵攻の話です。レベルは初級者〜です。


個人的に戦争映画はよく観ますので面白いと思いました。アクションなので難しい英語は出て来ません。


ただ、二時間以上の長い映画です。単語・フレーズから学びたい人向けです♪
posted by 島ちゃん at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

コーラスラインで学ぶ英語



私の大好きなミュージカルです♪ミュージカルは好き嫌いが分かられますね・・


懐かしい映画、コーラス・ラインは初級者〜OKです、難しい会話はありません。


ダイナミックなダンスが楽しめます♪
posted by 島ちゃん at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

ハルクで見る英会話



「ハルク」英語レベル中級〜、アクションが多い部分では簡単な英語しか使用しておりませんので英語字幕を見てセリフを言葉にして繰り返し発声すると良いです。


MARVELシリーズですが、私は大好きです。よく、日本人であまり好きでは無い、子供っぽい、意味が分からない等のお声を耳にしますがこのシリーズは欧米にいた人からしたら懐かしいんですよね。


子供の頃、イギリスでアメリカのドラマが毎朝日曜に放送されていて、その当時はThe incredible Hulk, Wonder Woman, Bat Man等が流行っていました。なのでそのリメイクや映画があるとついつい見てしまいます。


日本だと、ガンダムやウルトラマンが放映されていたら懐かしく観てしまう大人もいるのでは?その様な感覚だと思います。


2008年に映画化された上記のハルクは内容もとても面白いです^^
posted by 島ちゃん at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

映画で英語

 ヤフーニュースより

オーストラリアで新作「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」(7月28日日本公開)をPR中のトム・クルーズ(54)が現地時間の23日、トーク番組「サンライズ」で、1986年の大ヒット映画「トップガン」の続編が製作される予定であることを認めた。

【写真】トム・クルーズの娘のスリ・クルーズ

 司会者らが復帰のうわさについて聞くと、満面の笑みを浮かべたクルーズは、「その通り、事実ですよ。来年には撮影をスタートします。絶対に実現します」と語った。これを聞いた司会者らが喜びに沸くと、「このことを話すのは、あなたたちが初めてですよ。プロジェクトは実現します」と改めて約束した。

 「トップガン」続編の製作準備が進んでいると報じられる中、2015年、プロデューサーのジェリー・ブラックハイマー氏が、「トム・クルーズなしでは”トップガン”は作れない」と発言したことから、クルーズがマーベリック役で復帰することは確実とみられていた。

 昨年、米テレビ番組のインタビューで、「続編について話し合っている最中だよ。実現する方法がわかれば、是非やりたいね」と語り、プロジェクトの計画段階にあることを認めていたクルーズだが、今回初めて、製作準備が本格的に進んでいることを示唆した。

 クルーズは前回のインタビューで、プロジェクトは可能な限りリアルなものである必要があるとした上で、「コンピューター・グラフィックのジェット機なんて、イヤだね。1作目と同じように撮影したい。やるなら、きちんとやらないと。そこに尽きるね」と語っていた。(ニューヨーク=鹿目直子



わー、これは観たいですね♪映画好きにはたまらないニュースです。また、好きな役者が出てる映画で英語を学ぶ事はとてもお勧めなのでトム・クルーズのファンの方はチェックして欲しいですね♪


実は私の知人で英語がネイティブ並みにペラペラな方がいるのですが、彼はオードリー・ヘップバーンが大好きで若い頃彼女の映画をセリフが丸暗記出来るまで何回も観て英語を習得した方がいます。


私のレッスンも映画を使用した物も行っておりますのでご興味がある方はお気軽にお問い合わせください!
posted by 島ちゃん at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする