2019年07月11日

海外と日本の差別の違い

CcjGyUhUcAA2IWt.jpg

東京は7月とは思えない程涼しいですね・・!こんなに涼しい7月は初めてかも知れません。


さて、本日は文化の違いによる英語圏での「差別」「ハラスメント」について書きたいと思います。


日本は最近こそ多くの外国の方が住み始めてハーフの方やインターナショナルスクールも増えて来ましたが他の国に比較しますと圧倒的に外国の方は少ないです。


一方、アメリカ・イギリスの英語圏の国は移民が多いため色々な人種がいます。


例えば、私がイギリスにいた頃の小学校は私の担任はイタリア人で隣のクラスはインド人でした。この様に色々な肌の色の人が身近にたくさんいます。


何年か前にダウンタウンの浜ちゃんがエディーマーフィーのモノマネをして顔を黒に塗り外国の方から大ブーイングを受けました。


それはそうでしょう。もし外国の方が日本人の有名な役者の真似で顔を黄色に塗ったら私は嫌ですね。


80年代、マドンナが世界ツアーのコンサートを行った時日本ではダンサーにステージで出っ歯・眼鏡・カメラの首掛けをさせて一部の日本人は大変怒ってました。(マドンナを擁護する意味ではありませんが私はファンなので彼女の意味が分かります。マドンナは当時性格がキツイ・悪いと言うのをあえて売りにしている部分がありました。でも貧困国から子供を引き取ったり過去のレイプされた事件をスピーチで告白されたりと強く優しい部分の逆のパフォーマンスと思ってます)


また、オリンピック等の大きなスポーツイベントの電光掲示板で日本はJPNと表記されます。JAPANなので何故最初の3つの文字では無いのかは、世界大戦の時にイギリス・アメリカ兵は日本人の事を「ジャップ」と呼んでいたからです。オリンピック委員会はそのためその様な表記を禁止しています。実際、子供時代イギリスでいじめっ子には私もよくそう呼ばれました・・!気が強い私はその3倍程言い返しましたが(笑)


ま、お伝えしたい事は「海外は日本以上に差別・ハラスメントに厳しいので注意して下さい」と「時代が変わりましたので私の様な中年〜の方は気を付けましょう」です。


ではまた^^
posted by 島ちゃん at 10:46| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

日本人としての誇り

IMG_3527.jpg

IMG_3528.jpg

私はフェイスブックでWelcome to Japanと言う日本が好きな外国人のためのペ―ジの管理者の一人ですが、先日アップしたポストについて大変外国の方々から反響を頂きました。


5/10の朝に人形町駅近くを歩いてましたら落とし物のお知らせがあるビルの前に紙で書かれてありました。(上記の写真です、5/9 9:30頃自販機前に落ちていました、と書かれてます)


記事に、日本では落とし物や忘れ物をすると戻って来る確率は7割で私が見付けたこの落とし物は一日経過した次の日でも誰も盗まずこの様に置かれている、日本はとても治安が良いのですよ!と投稿しましたらたくさんのイイね!と素敵なコメントを頂きました。


私が昔住んでいたイギリスで財布を落としたり盗まれたりした事は何回がありますが一度も戻って来た事はありません。空き巣に自宅が入られた事もあり、誰もが一度は入られると言われていましたが日本では入られる事が珍しいですよね・・!


日本人として誇りに思える実感がありましたのでついブログに書かせて頂きました♪
posted by 島ちゃん at 20:51| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

日本の自販機



日本の自動販売機について英語で動画を投稿しました♪


よろしければご覧になって下さい^^
posted by 島ちゃん at 17:17| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

High Context CultureとLow Context Culture


main-qimg-e40415fe6d89344b2073bd479783b4db-c.jpg

私の生徒様にはよくお話しておりますが、本日はHigh Context CultureとLow Context Cultureについて書きたいと思います。


何それ?と言う人のために簡単に説明しますすとHigh Contextは雰囲気が読める、つまり空気が読める人、Low Contextは理論的、空気が読めない人、の事です。ちなみに私はおもいっきり空気が読めません・・^^;


日本人は世界で一番空気が読めると言われていて、それに対して西ヨーロッパ・アメリカ等の英語圏の国は読めないと言われています。何故かと言うとその国の人達はコミュニケーションは言語、特に文法や言ってる事がが全てで一方日本を初めとするアジアは声のトーンや遠回しな言い方、また本音と建て前を使い分けて雰囲気で会話をします。


日本と言う国は世界から見ても変わっていて言語が日本語しか使用されていません。これは移民が先進国の中では極度に少なく、また保守的な国柄もあり多くの方が似た価値観を持つためわざわざ言葉で説明しなくても相手がおおよそ何を考えているのか分かるのですよね。


例えば・・家族って究極のHigh Contextだと思います。同じ遺伝子を持った家族で生まれてから一緒に過ごしてたら大体何を考えているか分かりますよね。では、アメリカやヨーロッパ等に色々な人種がいる国でお互い分かりあえるには・・言葉になります。そのため思っている事=言葉では無いとおかしな事になります。


さて、私はおもいっきり空気が読めませんと書きましたが今でもこれは自分の弱みでもあり育った環境と生まれもった性格(双子座です♪実は占星術も好きなのです)のせいかと思ってます。


2歳にイギリスに行き幼稚園をイギリスで入園・その後現地校で勉強しましたが当然肌の色はイギリス人と違います。イギリス人からしたら外人になりますので当然会話により日本人としての自分を理解してもらいます。そして色々な人種がいるイギリスの学校でしたのでそれが当たり前でした。例えば担任の先生がイタリア人、等。


この子供の頃からの癖が残っているのでしょう。日本にしか住んだ事が無い方には「言葉がキツイ」と言われます。決して、否定的は言葉や相手を傷つけてる言葉では無いと思います。ただ、例を挙げますと・・


縁があり、居酒屋さんでランチのお手伝いをする事になった事があるのですがスタッフさんに「これをAさん渡して」と言われ渡しますと機嫌が悪く「何か嫌な事があったのかな?」位にしか思わず特に気に留めませんでした。同じ事を後日しましたらAさんが怒り「何故、周りを見て考えてどこにあったかを察知出来ないの?」との事。


これこそ典型的なHigh Contextだなーと感じました。


言葉では無く察して欲しいのですよね。


このトラブルは日本人と欧米人によくある典型的な出来事です。


ところで面白い画像を見つけましたので貼り付けました。High ContextとLow Contextの人達が好む会話方法です。なるほど!と思います!





posted by 島ちゃん at 17:52| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

Steveの最新動画、会社の辞め方



Steveがまたためになる動画をアップしました♪


日米の会社の辞め方の違いです。


初めのは日本語解説がりますが英語バージョンはありませんので簡単に説明しますと。。


辞めたい社員にどれだけ良い社員なのか、どれだけいてくれたら社員が飛躍出来るかを上司が懸命に伝えてます。


日本人上司は、辞めたらどれだけ困るかを伝えてます。


アメリカ人は常に前向き、自分の昇進を考えてますのでまさしく正しい方法ですね!


日本人は周りの環境を気にしますのである意味正しいのかな・・?
posted by 島ちゃん at 22:38| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

日本の水に流す文化

images (1).jpg

先日、外国の方向けに私が書いた別のサイトの記事を紹介したいと思います!


英文の後に和文で訳が書いてあります。

↓↓↓

Japanese people don't stick to things that happened in the past, especially negative ones. There is a phrase called '' Mizu ni Nagasu'' which means '' Let it run in the water'' which describes to forget and forgive bad things happened in the past.

When president Obama came to Japan to meet people who suffered from the atomic bomb, he was worried and asked the translator if they will get horrified or lose temper meeting an American president. But, the translator said Japanese people will never act like that.

Also, when people have fights, usually they don't complain about that for days and tend to become in good relations in a short time.

Once, there was a questionnaire that asked the Japanese people which is your favorite country, and at that time was the US and the US citizen were very surprised to know that the country which had the most worst bombing experience loved the country that did..!

日本人は過去に起きた事についていつまでもしがみ付かなく、特に悪い事にはしがみ付かない傾向があります。「水に流す」と言う言葉があり、過去に起きた悪い事を忘れて許す事を意味します。

オバマ大統領が原爆の被爆者に会いに日本に来たとき、彼は彼らが恐怖に怯えたり怒るにではと心配で通訳の人に大丈夫か聞いたとのですが通訳は日本人はその様な事はしないと伝えました。

また、日本人は喧嘩をする時、いつまでもこだわらないで短い期間で仲を良い関係に戻そうとします。

昔、日本人にどの国が一番好きかアンケートがあり一位がアメリカでした。その当時は世界一酷い爆撃を受けた日本がアメリカを選んだ事にアメリカ人がとても驚いた事があります。


↑↑↑
ここまでです。


実はこの記事を書いた後に嬉しいコメントがありました。ある外国の方からで、


「これ本当だよ。僕が広島に行った時、年輩の男性が僕にとても親切で、もう憎しみはいらない、平和だけ必要と言ってたよ。水に流す文化を教えてくれたよ」と書いてありました。もう一人は「まさしくその通り」とコメントをくれて日本人としてとても嬉しく誇り高く思いました♪

images (2).jpg


posted by 島ちゃん at 15:30| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

国による文化の違いと言語A

国による文化の違いと言語、の記事を以前書いたのですが本日はパートAを書きたいと思います^^


http://englishlessonslove.seesaa.net/article/460669209.html
上記がパート@です。


以前にも書きましたが、私が言う「〜な人」と言うのはその国の大体50%位の人を指しています。


さて、南米の人。私がイギリスにいた時、仲の良い友人はイギリス人とペルー人のハーフでした。もの静かなイギリス人のお父さんと派手なペルー人のお母さんで、とても楽しい人でした。はい、お母さんはとても情熱的な人で家に遊びに行くとOh, Miwa! とハグをしてくれていつも夕食をご馳走してくれたのですが当時野菜嫌いな私は残すとまるで自分の子供の様に叱ってくれました。


実はインゲン豆は食べられるのですがてっきり食べられないと思っていたみたいで完食したらOh, you are a good girl! とめちゃくちゃ褒められてハグしてくれました。また、担任の先生に怒られてそのグチを彼女話したらShe is a pig! 彼女は豚だね!と一緒に賛同してくれたのを覚えています。大好きな方です、今どうしてるのかなー。。彼女の様な情熱的な女性だからこそもの静かなイギリス人男性と結婚したのかと思います。ちなみに私の友人はクールなもの静かな子でした♪


台湾人。台湾人は親日家として知られていますが、昔英語の生徒様で台湾人の可愛い女性がいました。3.11の地震があり、当時彼女は翻訳の学校の卒業式の最中に大地震が起こりました。その後、レッスンのお申込みがあり大塚で会いました。そして言ってたのが「日本が大好きで離れたくない、でも親から電話がありとにかく戻れとの事。東北と東京を勘違いしていてそれを説明しても全く聞いてくれない」「日本は凄い、こんな大変な事が起きても政府がきちんと対応してくれる。台湾だったら翌日の新聞の一面は被災者による暴動です」との事。その後、夜ご飯を一緒に食べに行ったのですが涙を流していてこんなにも日本を好きでいてくれてありがとうと感じました♪日本が好きだから日本語が話せるんだな〜と私は台湾の方について思います^^


アメリカ人!アメリカは広いので州によりますが基本的にアツい人が多いですよね・・!その逆でイギリス人は冷めてると言われてますが・・


例えば、まあまあ美味しい食事をしたとします。イギリス人は「It's nice. 」(美味しいね)と言ったとしたらアメリカ人は「It's fantastic!」(最高だね)と言う傾向があります。では、本当に最高な食事をしたとします。イギリス人、「It's delicious!」(最高に美味しい!)アメリカ人「I could die for it!」(死ぬほど最高!)とこの様な違いがあります・・!


本日は三つの国の違いを書きました♪


posted by 島ちゃん at 13:09| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

国による文化の違いと言語

暑いですね〜!こんなに猛暑が続くと体調管理も気を付けないといけないですね・・!こまめに水分補給しましょう。


さて、過去にもブログに書いた事がありますが私の英語レッスンは「英語を話す様になるためには英語圏の文化を理解しないと行けない」を信条にしております。



余談ですが上記のシリーズを最近ユーチューブで楽しんでます。


例えば・・イギリス人が日本人と会話するには日本独特の遠回しな言い方や柔らかい文化を理解しないといけません。


もっと言いますと、日本国内でもそうだと思います。


私は大阪で仕事をしていた時、普通に標準語で話していても何故か「キツイ」と言われ、もしタイムマシンがあれば当時に戻り何故かを伝えたい位です^^;関西の人ははっきりと言わないので「ボチボチ」やノーの代わりに「検討しますわ」と言うのですよね・・!


さて、本日は私が今まで出会った人達で「あ〜、文化が違うな〜」と感じた出来事を書きたいと思います。(私が言う文化の違いはその国の50%程度の人達の事です。例えば、日本人は真面目で働き者と言いますが、全員では無いですよね☆)


まず、時間を守らないと言われているスペイン人。今まで旅行した国で私はスペインが一番好きです^^食事は美味しいし、街並みは綺麗だし、人は良いし。本当にのんびりしているのですよね♪


大学で、私は第二外国語でスペイン語を受けていました。日本人の先生とスペイン人の先生がいたのですが、スペイン人の先生がいつも20~30分遅刻していました。教授がですよ!?遅刻する生徒を叱る教授が一度も時間通りに来る事はありませんでした。


ラテン系の人達は「現在」を大切にするのですよね。きっと、その時に授業より優先させたい事があったのでしょうね。


何年か前によく飲みに行ってましたカナダ人。Are you American?「アメリカ人?」と聞くとNo I'm CANADIAN「違う、カナダだよ」と声を荒げて、私だけでは無く飲み屋さんとかで他の人達から同じ質問されてもいつも同じ反応でした。香港と中国の様に、カナダの人達は同じにされるのを嫌がるのですよね。カナダ人かをアメリカ人に聞いてもここまで敏感に反応しないかと思います。


アフリカ人。私がたまに行くバーがあるのですがオーナーがガーナ人で奥さんが日本人でとても丁寧で心が日本人です。酔っ払いが絡んで来たり触ろうとすると出て行く様に言うオーナーさんで女性でも安心して飲めるバーです♪(どのお店が知りたい方はメールを下さい、英語の勉強にもなるお店です)たくさんのアフリカ系のお客さんが来るのですが、少し話すと「これからホテルに行こう」( ゚Д゚)と急に言います。


素直なんですよね・・^^;アフリカ人は考えてる事、言葉、が同じなんだろうなーといつも感じます。かなり前ですが、ホラー映画を友人と観に行き、何故か友人が途中でクスクス笑っていて映画が終わって何故かを訪ねました。


理由は、私の横に座っていた超マッチョな黒人が恐い画面になるとOh Jesus! Oh my God! と体を震わせてガクガクしていてその反応と外見のギャップが大きくて面白かったとの事・・!素直ですね〜!


本日は簡単にスペイン・カナダ・アフリカの特徴を書いてみました♪


posted by 島ちゃん at 16:33| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

色々な世界の歴史

本日はちょっとモヤモヤしていた事がすっきりしました♪


生徒様に感謝です!


何が起きたかと言いますと・・私事になるのですが私は世界史が好きで高校の時の社会は世界史を専攻していたのですがイギリスの現地校にいた時に学んだ歴史と少しギャップがある事を感じ、また映画オタクの私はイギリスにいた頃「ラスト・エンペラー」と言う中国の皇帝の映画を観たのですが日本では南京大虐殺の部分が削除されたと言う事が当時話題になりました。


そんな中、何年か前に竹島問題があり私が感じたのは「日本・韓国・中国は歴史の教科書に記載されている内容が違うのでは?」です。是非中国・韓国の歴史の教科書を読んでみたかったのですが私は韓国語も中国語も分からないため断念、この話を日本人の知人にしても明確な回答が得られませんでした。


日本人は憶測で話すんですよね。そして政府を信じてないため事実を分からない前提で話します。


この話を生徒様の韓国人にお話しましたら韓国の教科書に書かれている事、また彼女が中国人の友人にも話して中国の教科書もまた日本と韓国と違う事を教えてくれました。


詳細はちょとディープなのでこちらの記載は避けますが、まあ皆さまご存知の戦争に関する内容になります^^;


始めて生の声が聞けた事、ネットや新聞等に載る規制された内容では無く国民の本音が聞けた事、私を含めて国境を越えた考え方を知る事が出来た事・・


これこそネットや出版物には表面化されない対面での人とのやり取りだなーと改めて感じましました。


高校時代のバイトは飲食店、大学時代は家庭教師と塾の講師、前職は営業、現在は英語講師、とどうやら私は人と調節対面で触れ合う事が好きみたいです♪
posted by 島ちゃん at 22:31| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

キッズレッスンによるイギリスと日本の違い

先日のキッズレッスンの時の会話です!


「先生〜♪僕イギリスがまた好きになりました♪」


「何で?」


「テレビでね、イギリスでおばあさんが道を渡っていたんですよ。そうしたら車がおばあさんが最後まで渡り終わるまでに止まっていたんですよ。全然動かなかったんですよ。」


「そうなんだ^^イギリスは子供と女性と年輩者に優しい国だからね」


「でもね、その後違うの見たんです。女の子が道を渡っていて大きなトラックが来て止まらなく、女の子が恐がっていたのですがわざと邪魔をしてたんです。」


「それは日本の映像?」


「はい。先生、何でですか?何故イギリスではおばあさんが渡るまで待ってて日本ではトラックが女の子に違う事をするのですか?」


う〜ん、すごい返答に悩み考えさせられました。


イギリスは女性・子供・年配者と言う体力的に弱い方立場の人にはとても親切な国です。また、貧困等の立場の弱い方にも優しい国です。そのため若い時に働かなくても年金がきちんと年輩になってからもらえると言う理由で若者が働かないと言う問題も現在あります・・


世界により常識って大きく変わります。イギリスで女の子を脅かす行動を取ったら監視カメラで即チェックされて警察のご用になるでしょう。


どの国に行くしても事前にその国の文化を調べる事はとても大事です!


posted by 島ちゃん at 20:56| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする