2017年01月10日

キリスト教から来る英国の文化

英国と日本は文化が違いますが、理由の一つに宗教の違いがあるかと思います。


例えば・・日本で電車の中ではお年寄りや妊婦さん、怪我をされている人に席を譲りますが健康な女性に譲ると言う文化はありませんよね?


欧米では多くの男性が譲ります。少し前ですがキアヌ・リーブスが地下鉄で女性に席を譲り話題になりました。


キリスト教では「人は皆平等」と言う考え方があり、どうしても体力的には男性に劣ってしまう女性には席を譲り公平にする考え方があります。


街の中で大きな荷物とかを運んでいても、持ってくれたりします。


欧米では学校でキリスト教の時間もありますので自然に考え方が身についているのですよね。


日本では宗教の時間を公立学校で儲けるのは禁止されていますが何故か不思議です。
posted by 島ちゃん at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

欧米と日本の会話文化

欧米の人達と会話をする際、気を付けたいのが距離の取り方・会話のプライバシーです。


私もですが、初対面やそんなに知らない方にはあまりプライベートな事は聞かれたくありません。例えば、家族構成はどうなのか、収入はどうなのか、仕事は上手く行っているのか、結婚予定はあるのか、等です。もちろん日本人でもプライベートな事を避ける人は多くいますが、ネイティブの先生が日本の学校で授業を行い一番驚くのは「Do you have a boy (girl)friend?」と言う英語のレッスンに関係の無い事を聞かれる時です。ほとんどの方は「That's private」と拒否をしますが、日本人はグループ・仲間・組織の相手の事を良く知ろうとしますのでこの様な質問がよく出て来ます。


欧米人は個人主義なので、「人は人、私は私」と言う感覚が日本よりも強くあります。もちろん、数回会ったり距離が近くなり友人になるとどんどんプライベートな事は相談します。ただ、基本的には自分から自分のプライベートは話し、相手の事は根掘り葉掘り聞きません。


この様な文化の違いにより、悪い言い方をすれば欧米人からしたら日本人は失礼、日本人からしたら欧米人は冷たい、と言う感情が沸きます。


良い言い方をすれば日本人は相手を理解しようとする、欧米人は自分と言う物を持っている、と言う事になります。


今はスマホやSNSの時代、日本人でも若い人程個人主義になって来ている感じがします。


最近はタイやフィリピンの文化の違いも聞き、色々な国の文化により一層興味が沸いております!


posted by 島ちゃん at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

素敵なオリンピックロゴ

オリンピックのロゴが決まりましたね♪市松模様のロゴ、私は一番気に入ってました。ただ、テレビとかではあまり人気が無い様でしたので違うのになるのかなーと思ってましたがこれに決まり嬉しいです♪


私が気に入った理由はとても日本的で、他のカラフルなロゴは日本らしさや個性が少ないかなーと思いました。


もちろん、良い部分もたくさんありますよ!


私は和柄が大好きなのです。


これは帰国子女独特の感じ方なのかも知れませんが、英国で子供時代育った私は日本に強い憧れがあり、雑誌で見る着物や和柄がとても素敵で着物作りをしていた祖母が時々送ってくれた端切れで作ったシュシュが大好きでポニーテールに飾っておりました^^


英国に住んでいる日本人の子供達の間では和柄は強い人気があり、日本製の物を持っている事が自慢になっていました!


その影響か今でも日本的なデザインは大好きです!




posted by 島ちゃん at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

英国と日本のバレンタイン事情

2月になりました!2月はバレンタインがある月です♪バレンタインデーは西欧のキリスト教から来た日ですが、日本の方が明らかに盛り上がっています!


日本では女性が男性にチョコレートを上げますが英国では男性が花を上げたりバレンタインカードを送ったりでそんなにも国民が大きく祝いません。


どちらかと言うとイースターの方が注目されています。


キリストが生まれたり復活したりの方が特別な日とされているのですよね。


日本でのバレンタインは、恥ずかしがりやな女の子が好意をよせている男子にチョコを送ったり、お世話になっている人に男女問わずお菓子をあげたり、恥ずかしがりやな日本人には良いイベントだと思います^^


西欧の人は好きな人にはダイレクトに言ったり、お世話になっている人にはその場でお礼を言う等、物で愛をわざわざ表現する必要が無いため日本ほど盛り上がらないのかも知れませんね・・!
posted by 島ちゃん at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

英国と日本のクリスマスの違い

よく、海外のクリスマスの過ごし方を聞かれます。私は始めて日本で年末・年始を迎えた時はかなり驚きました。


クリスマスまでたくさんイルミネーションを飾ったり色々とデコレーションをして、イブがメインのイベントで街中は大騒ぎ、クリスマス当日はクリスマスの飾りを外しお正月のしめ縄や鏡餅の飾りに変えて静かに元旦を迎える・・!


何とも日本人は割り切りが速いのだろう!と思ったものです。


英国では、イブも大事ですがクリスマス当日が最も大事な日で、この日は誰も働きません。


そのためバスも電車もタクシーも動いておらず、ロンドンは静かな街になります。


そしてデコレーションはそのまま翌年まで飾っており、日本の様に変えません。


日本のお正月は年賀状は何日まで、おせちは何日まで、等の決まった習慣がありますがキリスト教圏はそこまで厳格では無いので好きな時にとり外します。


あと、英国では年号は西暦なので元旦はADとBC、紀元後と紀元前の象徴でもありますのでキリスト教的にはクリスマスのデコレーションは残しておきたいですよね!※ADはAfter death キリストの死後、BCはBefore Christ でキリストの前、と言う意味になります。




上記は英国の軍隊がクリスマスを家族と過ごせないため家族宛に作ったビデオレターです♪


posted by 島ちゃん at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

ハロウィーン2015

本日はハロウィーンですね!


ハロウィーンと言いますと英国では毎年子供が自宅に訪ねて来たり、またこちらも行き、お菓子をあげたりもらったりしてました。


元々、「聖なる夕方」と言う意味で英国では悪霊を追い出す日になります。


そのため、パーティーでは仮装してトリックアンドトリートをする子供もオバケや魔女の格好をします。


どうも日本のハロウィーンで違和感を感じるのが・・大人がセクシー過ぎる格好で仮装して大通りを飲み歩いたり騒いだりするところです・・^^;


一方、ちびっこ達が変装してるのを見ると可愛いなーと微笑ましくなります♪


posted by 島ちゃん at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

英語圏の人たちとのミーティング

外資系で働いた事がある方はお分かりかも知れませんが、外国の方とミーティングや取引をする際には高いコミュニケーション能力が必要とされます。


ミーティングで上司の言う事には反対をしていけなく常に同意をしなくてはならない日系の企業はまだまだ日本には多くありますが、外国の方達のミーティングは違う意見や方法が度々上げられ、ただ黙っていたり同意をしているだけでは何も考えていないと評価されてしまいます。


また、外国の方から見て不思議に感じる事の一つに、その場では意見を言わないで後からメールで意見を言う事です。欧米の方達はビジネスではスピードを求めますので、その場で意見を言わないで後からメールをするとは時間の効率が悪いのに何故この様な事をするのだろう?とらえます。


日本人は調和やその場の雰囲気を壊さない様に気を使うため後からメールを送る人もいるかと思いますが、欧米圏の方達とのビジネスのおいては遠慮は不要でどんどん意見を言う様にしましょう♪


posted by 島ちゃん at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

ふなっしー、外国特派員協会で初会見



先程テレビを付けたらいきなりニュースでこの記者会見が放映されていてクスッと笑いました。


ふなっしーはアメリカ・フランスに行った時は苦労したみたいですが、英国は楽しんだみたいですよ!


↓詳細はこちらから^^



何となく分かります。これも文化の違いになりますが・・


アメリカは新しい物・格好良い物、coolな物が好きなんですよね。


フランスは美しい物・キチンとした物が好きです。


一方、英国はかわいい物・面白い物が好きです。


もちろん全ての国民では無くそういう人が多いと言う事です!


ふなっしーかわいいですよね♪大好きですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

posted by 島ちゃん at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

英国と米国の違い

英国人と米国人、似ていると思っている方が多い様ですが全然違います!


まず、英国人は優しく穏やかです。そして欲が少なく、冷めています。そして丁寧な事が好きで礼儀を重んじます。


それに対して米国人は派手で気が強く、自己主張が強いです。欲がとてもあり、野球の応援席を見ても分かる様にとても熱い人達です。伝統的なマナーよりも新しい事が好きで何でも創作します。


英国は19世紀に世界を征したので、自国が一番と言う自信があるのですよね。


それに対してアメリカは英国や他のヨーロッパ諸国から来た人達により出来た新しい国なので、新しい物事が好きで、また自国を出ると言うパワーがある人達なので欲も強いのかな・・と思います。


どちらも良い部分はたくさんあるかと思います。


ちなみに私が日本に来た時「アメリカみたい」と思いました。


新しい物が日本は好きなのでそう感じました^^
posted by 島ちゃん at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

欧米と日本の違い

本日は外国の友人のお手伝いで色々な事をしたり、してもらったりしました。


日本は完璧主義・きちんとした物が好き・・な国と言う事もあり、とにかく保険や税金、公共料金などの書類が多く、また大事なところが英語表記されてなかったりするので外国の方には分り難い部分が多いのですよね^^;


私も日本に来た時感じた事なのですが、「そんな事どうでもいいじゃん!」と言う事を役所はこだわったりする傾向が海外に比べて圧倒的に強いです。


例えば、私が起業したての頃ですがタイムカード、または出勤簿を郵送または持参して欲しいと役所から電話がありました。時間が無く、忙しいのでエクセルで送るのでそっちで保存してプリントアウトして欲しい、と伝えたのですがそればしては行けないので無理との事でした。


欧米では仕事はスピードが求められるのに対して日本では完璧さを痛感した出来事でした!


ま、一番良い事は完璧に速く行う事でしょうがそんな100点満点な人はいないですよね 笑
posted by 島ちゃん at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする